주요 기사 바로가기

「第8回国際アビリンピック」がソウルで開幕…韓国、5連覇を狙う

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2011.09.26 15:10
0
4年ごとに開かれており、世界最大の障害者の祭典「第8回国際アビリンピック」が26日に開幕する。ソウル良才洞(ヤンジェドン)aTセンターで26日から30日まで開催されるこの大会は、57カ国から1519人の選手団が参加して歴代最大規模となる。選手は料理、キャラクターデザイン、補助機器の製作など40職種で競い合う。

韓国障害者雇用公団理事長のイ・ソンギュ組織委員長は、25日、「世界の障害者が集まり、健常者に引けをとらない最高の技能を競う場。健常者もイベント会場に来て、参加国の文化体験やクイズ大会などを楽しんでくれることを願う」と述べた。韓国は40職種に79人が参加し、大会5連覇を狙っている。これまで韓国の選手団は、第1回では2位、第3回では3位という大会記録を除くと、4大会で総合優勝している。また今大会には、後発開発途上国の障害者の作業能力の向上をねらい、先進国と開発途上国が訓練施設や講師などを支援する内容のソウル宣言も採択される予定だ。



関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP