주요 기사 바로가기

韓国、無線インターネット加入率、労働時間でOECD1位

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2011.09.26 14:55
0
30日で経済協力開発機構(OECD)が創立50周年を迎える。 韓国はOECDに1996年12月12日に加盟した。 今年で15周年を迎える。 加盟当時は「今の韓国の状況で先進国クラブへの加盟は適切か」という批判が多かった。 急速な経済開放で危機を迎えるおそれがあるとして、加盟を遅らせようという世論もあった。 国際通貨基金(IMF)通貨危機の主要原因の一つとして、OECD加盟当時に資本取引と外国為替取引を自由化したためという批判も多い。 先進国クラブといわれるOECDに加盟してから1年でIMF救済金融を受けた国は韓国が唯一だ。

しかし金融危機を克服した今、大韓民国は堂々と先進国に仲間入りした。 15年前とは比較にならないほどだ。 当時、1人当たり国内総生産(GDP)は1万2587ドルだった。 経済成長率は年9.0%を記録した。 現在の中国並みの成長率だ。 長期金利率は13.79%で、OECD国家で最も高かった。 医療保健分野ではOECD最下位圏だった。 人口1000人当たりの病床数は4.1床でスイス(20.8床)のおよそ5分の1。人口1000人当たりの医師の数も1.22人で最下位圏だった。 平均寿命は72.8歳だった。

現在はどうか。 まず1人当たりのGDPは2万265ドルに増えた。 経済成長率は昨年基準で年6.2%水準と高いほうだ。 最近、国債など長期債務金利は3%台を維持している。 人口1000人当たりの病床数は10.81床に増加した。 韓国人の平均寿命も80歳水準に伸び、世界20位圏にある。 しかしまだ人口1000人当たりの医師の数は2.01人水準と、OECD加盟国の平均3.1人を大きく下回っている。

OECD加盟当時も今も変わらないのはOECD加盟国のうち最も労働時間が長いという点だ。 加盟した1996年基準の年間労働時間は2648時間だった。 現在は2193時間で、14年連続1位。 OECD加盟国のうち唯一2000時間を超える。

その他にも否定的な分野で「OECD1位」の統計は少なくない。 代表的な数値が自殺率だ。 人口10万人当たりの自殺率が28.1人で、OECD平均(11.3人)の2倍を超える。 主要原因にはうつ病が挙げられる。 また韓国は結核発生率・死亡率はOECDで最も高い(10万人当たり90人)。 日本の4.3倍で、米国の22倍にのぼる。 結核は主に後進国型の病気といわれる。 高齢者貧困率(高齢者全体のうち中位所得未満に属する高齢者の比率)も45%で、 米国(24%)、日本(22%)、アイルランド(31%)に比べて圧倒的に多い。

プラスの面での1位もある。 無線インターネット加盟率が89.8%で最も高い。 フランスは35.7%、英国は36.9%。 「デジタル読解力」分野でも圧倒的1位となった。 25-34歳の大学履修率(63%)、高校履修率(98%)もOECDトップだった。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP