주요 기사 바로가기

三星電子、20ナノ級DRAM製品の量産で台湾・日本を突き放せるか

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2011.09.23 08:16
0
李健煕(イ・ゴンヒ)三星(サムスン)電子会長(69)の危機論がまた出てきた。今度は半導体危機論だ。李会長は22日、「これから強まる半導体業界発の台風に備えなければならない」と述べた。京畿道華城(キョンギド・ファソン)半導体事業場で開かれた「20ナノ級DRAM量産と半導体生産ライン稼働式」でだ。

李会長は「多くの職員の努力で技術リーダーシップを守ることができた」と述べた後、‘台風論’を持ち出した。先進国の経済危機と韓国・日本・台湾企業間の過熱競争でDRAM価格が史上最安値になるなど、半導体景気がさらに悪化するおそれがあるという意味だ。

李会長は「台風」と同じ意味で「半導体業界に押し寄せる激しい波の中で」という表現も使った。また「今まで守ってきた技術リーダーシップを維持するために緊張を緩めてはならない」と求めた。李会長の言葉通り、最近の世界半導体市場状況は最悪だ。DRAM価格は製造コストの半分水準。

こうした中、三星電子は22日、世界で初めて20ナノ級DRAM製品の量産に入った。昨年7月に30ナノ級DRAMを量産し始めて以来1年2カ月ぶりとなる。20ナノ級DRAMは30ナノ級に比べて生産性を50%高め、消費電力を40%以上減らした。20ナノ級DRAMの量産を受け、業界1位(市場シェア41.6%)の三星電子は台湾・日本企業との格差をさらに広げる見込みだ。

◇20ナノDRAM=1ナノメートルは10億分の1メートル。20ナノ級は人の髪の毛の4000分の1の太さで、半導体回路を転写する超微細加工技術。ハイニックスは今年1-3月期、エルピーダは4-6月期に30ナノDRAM量産を始めた。三星電子と後発企業間の技術格差は最大1年以上開いている。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP