주요 기사 바로가기

日本の回転寿司にマイスター制度を導入

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2011.09.22 10:34
0
日本の回転寿司企業などがマイスター制度を導入すると読売新聞が21日に報道した。検定試験を通じて寿司料理人らの技能を認める制度だ。特に海外の回転寿司店の場合、品質が保障されないことがあるとし、外国人を対象に回転寿司知識に関する認証制度を実施することも検討中だ。日本の50社余りの有名回転寿司企業代表は協会を設立し20日に東京都内のホテルで設立総会と記念パーティーを開いた。

寿司をのせた皿がコンベヤベルトに乗り客の前を通る回転寿司が初めて登場したのは1958年4月のこと。当時大阪で小さな寿司店を経営してた白石義明さんは、人手が足らず悩んでいる時に近所のビール工場を見学することになった。巨大なコンベヤベルトに乗って大量のビール瓶が動くのを見て自身の寿司店にも小型コンベヤベルトを設置した。世界最初の回転寿司店の元禄寿司だ。

1970年代から徐々に人気が出てきた回転寿司店は不動産バブルがはじけ不況が始まった90年代には値段の安い庶民食堂として大衆化した。現在日本の回転寿司店は4000店余りに達する。最近では機械が寿司を握り1個100円という超低価格の回転寿司が乱立している。



関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP