주요 기사 바로가기

<大規模 停電事態>「予備電力ゼロ、数十分間続いた」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2011.09.22 10:24
0
国会知識経済委の金栄煥(キム・ヨンファン)委員長(民主党)は21日、「15日の史上初の大規模停電当時、予備電力が‘ゼロ’の状況が数十分間続いた」とし「もう少しで全国的ブラックアウト(同時停電)という大災難が発生するところだった」と主張した。

金委員長はこの日、国会で記者会見を行い、「電力取引所の役員と実務者とミーティングをした後、こうした事実を確認した」と述べた。

知識経済部は停電当日の予備電力水準について、当初は148万9000キロワットまで落ちたと明らかにした後、調査を通して「24万キロワットだった」と修正した。

これに関し電力取引所側は「私たちが提出した24万キロワットは当時運転中だった発電機の出力資料を合わせたもの」とし「この発電機出力の誤差は±1.0%で、24万キロワット(当時最大電力の0.36%)は誤差範囲に含まれる」と明らかにした。

電力取引所の関係者は「これを考慮すれば金委員長の言葉が間違っているとは言えないが、それでもその状況ですぐにブラックアウトになるわけではない」と釈明した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP