주요 기사 바로가기

慰安婦を扱った『20年間の水曜日』 日本図書館協会選定図書に

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2011.09.21 15:10
0
日本軍慰安婦問題を扱った青少年図書『20年間の水曜日』日本語版が、2011日本図書館協会選定図書に選ばれた。 20年間にわたり元慰安婦女性と一緒に水曜デモを行っている尹美香(ユン・ミヒャン)韓国挺身隊問題対策協議会代表が書いた本だ。 昨年韓国で出版され、先月、日本で翻訳・出版された。

出版社のウンジンシンクビッグ側は「最近、韓国政府は慰安婦問題の解決のため日本政府に被害賠償関連交渉を提案したが拒否されている。 日本政府が顔を背けた問題を民間は認めたということ」と意味づけた。

日本図書館協会は1949年から、新刊情報が不足する図書館のために優秀図書を選定し、目録を提供している。 各分野の専門家50人の審査を経て、毎年、全体新刊の15-20%が選定図書に指定される。

ウンジンジュニアのイ・ファジョン代表は「この本は慰安婦の肉声を歪曲なく入れたため、日本での出版も積極的に推進した。今回の選定でこの本が日本のすべての図書館に置かれ、持続的に日本国民に影響を与えるようになった」と述べた。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    慰安婦を扱った『20年間の水曜日』 日本図書館協会選定図書に

    2011.09.21 15:10
    뉴스 메뉴 보기
    日本軍慰安婦問題を扱った青少年図書『20年間の水曜日』日本語版。
    TOP