주요 기사 바로가기

【コラム】規制韓国、ノーベル賞を遠ざける(2)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2011.09.20 17:20
0
幹細胞治療がそうだ。 数年前に黄禹錫(ファン・ウソク)悪夢を経験した当局が、幹細胞に関しては何も言えないようにあちこちを封じ込んだ。 このため韓国が育てた世界的な医学・科学者があたかも麻薬犯のように周囲の目を気にしながら‘奇跡’を製造していているところだ。 腹部の脂肪から抽出した幹細胞を培養し、自分に投与する自己由来細胞、‘成体幹細胞’治療法のことだ。 未来の新産業に浮上したこの治療法は来年180億ドル(約20兆ウォン)の黄金市場を形成する見込みだ。 リック・ペリー州知事がこの先導効果に注目した。 厳しい米食品医薬局は成体幹細胞術を科学的医療技術としてすでに2年前に認め、商用化の道を開いた。

規制論者が陣取る韓国は噂ばかりが広がる。 治療法を開発した医学・科学者も、苦痛から抜け出した患者も、当局の監視を避けて密談しているだけだ。 手術病院は中国と日本に島流しされている。 遠征治療に合流した有名人もあたかも呪術医を訪れた人のような表情を見せている。 ‘完壁な’科学的検証を問う医学界と食薬庁は決して譲歩しない態勢だ。 その間、少なくとも1万人以上の患者が生命の歓喜をつかんだにもかかわらずだ。 成体幹細胞治療は免疫欠乏、アトピー、変形性関節炎、心筋梗塞など伝統医術では治りにくい病気に効果があるという韓国科学者の実験結果が世界的ジャーナルで続々と発表されている。

特に2万人を超える難病患者に希望を与えるといううれしいニュースも聞こえる。 現代科学が手を引いた難病に突破口が生じたとすれば、医薬品商用化規定の「3段階臨床試験」を短縮する果敢な規制緩和が必要だ。 1段階実験の「安全性」を通過すれば、難病患者はいかなる手術もためらわないだろう。 患者は死の門の入口で成体幹細胞の「3段階実験完了」を苦しみながら待っているが、一般疾患とは違って実験自体が不可能だ。 例えれば「2センチ規制」に縛られ、幹細胞手術が不法ということだ。 英国・フィンランドのように医師の判断の下で細胞治療剤の例外的使用を許可することもできる。 医療先進国の日本・米国・ドイツは難病の場合、法を改正して3段階要件を免除したり大幅に緩和したりした。 科学主義を放棄したのではなく、実用性と可能性に注目したのだ。 韓国が安全至上主義に固執する間、医療大国は患者中心に変わり、未来の黄金市場に向けて速やかに動いている。 幹細胞関連研究が今年のノーベル賞候補として有力視されているという声が聞こえる。 規制崇拝論がノーベル賞を遠ざけてしまう。

宋虎根(ソン・ホグン)ソウル大教授・社会学
【コラム】規制韓国、ノーベル賞を遠ざける(1)


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP