주요 기사 바로가기

<大規模 停電事態>原発事故でも「計画停電」で混乱避けた日本と比較

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2011.09.16 10:57
0
過去に発生した大規模な停電には、1977年7月13日夜の米ニューヨーク市が挙げられる。当時、クイーンズ地域の一部を除いたニューヨーク市全域が25時間にわたり停電となった。ニューヨーク市に電気を供給するウェストチェスター郡の発電所に落雷したためだ。

停電による暗黒の中、ニューヨーク市内の商店1700カ所が略奪にあった。警察に逮捕された者は3000人を超えた。財産被害は1億5000万ドルだった。大型スーパーのウールワースは火災被害が激しく、停電後に建物を取り壊したほどだ。当時のエイブラハム・ビーム・ニューヨーク市長はこの日を「恐怖の夜」と呼んだ。住民800万人が恐怖に怯えた。

日本でも東日本大地震後、原発の中断で電力難が発生し、停電が間けつ的に発生した。しかし日本政府が電力を地域別に交代で使用する「計画停電」を実施、市民も自発的に節電に努めたことで大きな混乱はなかった。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP