주요 기사 바로가기

現代車、独モーターショーで「i30」新モデル公開

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2011.09.15 16:17
0
「世界経済危機の影響で、価格に比べて価値が高い車に注目が集まっている。 現代車のi30はこうした点で欧州の消費者が満足する車だ」。

グローバルメーカーに成長した現代(ヒョンデ)自動車の地位ほど、鄭義宣(チョン・ウィソン)現代車副会長(41)の声も自信に満ちていた。

鄭副会長は13日(現地時間)、独フランクフルトモーターショーが開催されているメッセ展示場の現代車ブースで、世界で初めてモデル全体を革新した「i30」を自ら紹介した。 続いて鄭副会長は10分間ほど現地市場戦略を詳細に説明した。

その間、デトロイト・パリモーターショーのような大きなモーターショーで何度もマイクを握った鄭副会長は、約500人の海外記者を相手に他の海外最高経営責任者(CEO)と同じように流暢な英語で進行した。 ラッシュフォード現代車欧州法人副社長の紹介で演壇に立った鄭副会長は「現代車はデトロイトモーターショー、ジュネーブモーターショーを通してモダンプレミアムという新しいブランドの方向性を提示した。新型i30は私たちのモダンプレミアムを最もよく表した車」と紹介した。 続いて「欧州は最も厳しいドライバーたちがいるところだが、ix20、ix35、i40、i30のような欧州戦略型新車で真の欧州ブランドになる」と強い意志を表した。

一つ惜しまれるのは、開始と同時に現地音響システムに問題が発生し、10秒間ほど音が全く聞こえなかった点だ。 結局、鄭副会長が簡単に謝罪をし、マイクを持って進行することになった。

僅か2、3年前まで現代車は米国輸出車「アバンテ」「ソナタ」などのセダンで欧州に進出し、目立った成果を出せなかった。 欧州消費者はセダンよりもハッチバックやワゴンモデルを好む。 しかも欧州はベンツ・BMW・フォルクスワーゲンなど先進企業の本場で、ブランドパワーが落ちる大衆車を販売するのは難しい。 こうした点を補完するため、現代車は屋外広告の名所、ロンドンのピカデリーサーカスの電光板で今年から広告を始めた。

鄭副会長はプレゼンテーションを終えた後、ライバル企業の展示場を見回った。 鄭副会長は「多くの専門家がi30は欧州消費者に気楽に近づける車だと称賛していた」と伝えた後、「欧米メーカーが自動車の高級化に力が注いでいるが、今は経済状況がよくないため経済的なi30が適している」と説明した。 現代車は昨年、世界で300万台の車を販売した。 今年上半期は前年比10.6%成長し、世界で400万台の販売を期待しているが、まだ欧州でのシェアは2.8%(今年上半期基準)にとどまっている。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    現代車、独モーターショーで「i30」新モデル公開

    2011.09.15 16:17
    뉴스 메뉴 보기
    鄭義宣(チョン・ウィソン)現代車副会長(一番左)が13日、独フランクフルトモーターショーでi30の横で写真撮影に応じている。 鄭副会長の隣は元ドイツサッカー選手のクリンスマン現代車ドイツ代理店広報大使、文太暎(ムン・テヨン)駐ドイツ大使、ラッシュフォード現代車欧州法人副社長。
    TOP