주요 기사 바로가기

韓国中産階級主婦は“ルイ・ヴィトン世代”…名品市場に変化(1)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2011.09.14 17:50
0
先月10日、現代(ヒョンデ)ホームショッピングは英国名品ブランド「マルベリー」のハンドバッグを販売した。 準備したのはティリーバッグ(238万ウォン)、アレクサオーバーサイズバッグ(219万ウォン)など200万ウォン(約14万円)を超える、 テレビホームショッピングでは珍しい高価商品だった。 予定された放送時間はわずか19分。 その間に174個、約4億ウォン分が売れた。 9秒に1つの割合で売れたということだ。

現代ホームショッピング側は「普段から何でも安く購入しようとテレビホームショッピングを見ている中産階級の主婦が主に注文した」と分析した。 中産階級の主婦の‘ロマン’である名品を、ホームショッピングが相対的に安い価格で、それも分割払いで購入できるようにしたところ、注文が相次いだのだ。 同社はその2日前、200万ウォン前後のフランス「ジバンシー」のハンドバッグ42個を18分で売った。

デパートに並んでいる名品の購入窓口が急速に広まっている。 専門アウトレットはもちろん、‘安値購入’の象徴だったホームショッピングさえも戦略商品として名品を出している。 ターゲットは中産階級の主婦。 財力のある主婦や未婚会社員の専有品のように見なされてきた名品が‘平凡なおばさん’にも定着しながら変わった名品消費パターンだ。 現代ホームショッピングの場合、03年に200億ウォンだった名品の売上高は昨年750億ウォンと3倍以上に増えた。 今では各ホームショッピングチャンネルが名品だけを販売するプログラムを運営しているほどだ。

ホームショッピングで名品を購入する主婦はいわゆる‘ルイ・ヴィトン世代’だ。 中産階級の家庭で生まれ育ったこうした女性は、インターネットや海外旅行などを通して10代、20代の時から名品を知っている。 そして高齢になるに伴って経済力が高まると、ホームショッピングなど「新名品流通チャンネル」を通して相対的に低価格で名品を購入している。

こうした主婦の登場で、名品購入風俗図も変化している。 海外で購入する効果がある購入代行サイトや中古取引サイトを利用するのは古典的な方法に属する。 会社員のパクさん(29、女性)は「名品会社に勤める友人を通せば社員割引を受けられるので、時々購入を頼んだりする」と話した。 続いて「友人の話では、他の職員も周囲の人によく頼まれるらしく、その会社の月給が出る日の売り上げが最もよいと聞いた」と語った。

ホームショッピングも注目されている。 ホームショッピングの人気が高いのは相対的に価格が安く、12カ月無利子分割払いなどができるからだ。
韓国中産階級主婦は“ルイ・ヴィトン世代”…名品市場に変化(2)


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP