주요 기사 바로가기

<フランクフルトモーターショー>現代車「欧州を驚かせる」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2011.09.14 10:56
0
「電気自動車」「小型車」「欧州」。13日、独フランクフルトメッセで開幕した第64回フランクフルトモーターショー(IAA)のテーマはこの3つの言葉に要約される。独DPA通信は「欧州の財政危機で自動車企業は約束でもしたかのように、燃費が良い多様な都心型小型車を持ち出した」と報じた。

「普遍化した未来」を標語に25日まで開催される今回のモーターショーには、32カ国から1012の自動車メーカーと関連企業が参加した。世界で初めて公開される車(ワールドプレミア)だけで89モデルにのぼる。半分以上の45モデルがドイツ産だ。

韓国内の自動車業界は韓・欧州連合(EU)自由貿易協定(FTA)発効と今回のモーターショーを欧州市場拡大の機会にしようという戦略を立てた。現代(ヒョンデ)自動車は1.6リットルガソリンエンジンとディーゼルエンジンを搭載した準中型ハッチバック「i30」の後続モデル(プロジェクト名GD)を初めて公開した。ボタン一つで駐車ブレーキを作動させる「電子パーキングブレーキ」装置も付いている。

鄭義宣(チョン・ウィソン)現代車副会長はモーターショーで「現代車は最近の各種モーターショーで、プレミアムブランドとしての地位をつかんだ」とし「欧州ですでにベストセリングカーに定着したi30の後続モデルで世界をさらに驚かせる」と述べた。

起亜(キア)車は「世界が認めたデザイン」というスローガンを掲げて、コンセプトカーの起亜GT(プロジェクト名KED-8)と新型プライド3ドア(輸出名:リオ3ドア)を出品した。プライドの後続モデルは欧州市場を狙った戦略型モデルで、1.1リットル、1.4リットルディーゼル、1.25リットル、1.4リットルガソリンの4種類のエンジンで、さまざまな需要を合わせる計画だ。

韓国GMは燃費28.6キロのシボレーアベオ1.3リットルディーゼルエンジンモデルを初めて公開した。中型セダン「マリブ」とコンセプトカー「Miray」も展示した。韓国GMの関係者は「現在年間45万台の欧州販売台数を2015年までに100万台に増やす計画」と明らかにした。

双竜(サンヨン)車もCUV(クロスオーバー・ユーティリティー・ビークル)スタイルのコンセプトカー「XIV-1」を出品した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    <フランクフルトモーターショー>現代車「欧州を驚かせる」

    2011.09.14 10:56
    뉴스 메뉴 보기
    韓国GMのシボレーアベオ1.3リットルディーゼル。
    TOP