주요 기사 바로가기

“三星マン”になるには…「バスに乗る瞬間から面接開始」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2011.09.14 10:20
0
三星(サムスン)電子は今月8、9日、ソウル瑞草(ソチョ)社屋で開かれた採用説明会で、入社ガイド冊子『三星リクルーティングマガジンS2』を配布した。

書類選考、適性検査、面接と続く同社の採用過程は、その他の企業採用と大差はなく、就職準備生なら誰でも知っておくべき内容が書かれている。書類選考については「小さなミスに気をつけよう」という助言がある。成績と資格は立証書類と一致しなければならない。本人の卒業(予定)時期が志願資格に合うかどうかも問われる。

自己紹介書は面接の核心資料であるだけにできる限り誠意を持って書く必要がある。三星職務適性検査は時間・場所を個別に通知するため、ホームページを随時チェックしなければならない。時間をうまく配分し、知らない問題は無理に回答しない。面接は会社行きバスに乗る瞬間から始まる。知識を誇るよりも情熱と積極的な態度が重要だ。

先輩からの助言もある。開発チーム長は分野を問わず多読を、コンテンツ企画チームの専務は接するものすべてに好奇心を抱くよう勧めた。マーケティンググループの常務は、個性ある創造力、海外事業に必要な英語の実力を備えるよう注文した。

同社の採用説明会は15、16日に追加で行われる。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP