주요 기사 바로가기

三星「ギャラクシータブ10.1」不利の独地裁の判決に「疑問」の声

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2011.09.14 09:06
0
「いまアップルは汚いリーダーに見える。手段と方法を選ばず戦う会社という話だ」(ドイツNTV)

「丸いタイヤも提訴対象か?」(ドイツFAZ)

9日に三星(サムスン)電子「ギャラクシータブ10.1」のドイツ国内出の販売・マーケティング活動を禁止したドイツ・デュッセルドルフ裁判所の決定に対し、海外メディアの非難が強まっている。裁判所の決定がアップル側に過度に有利に下され、アップルの訴訟戦略が結局は電子産業の発展を妨げる障害になりかねないという指摘だ。

13日の電子業界によると、ドイツのニュース専門放送のNTVは「アップルがギャラクシータブを防ぐのに成功した。しかし疑問視される判決」というニュースを通じ、「デュッセルドルフ裁判所がアップルの論拠を純真に受け止めているのではないか疑問を感じるほどデザインに対する解釈がおかしい」とし、「三星はアップルのモデルとは距離を置いていた」と指摘した。

ドイツ最大の新聞社FAZも、「アップルのデザイン権に対する主張はインターネット上でしばしば非難を受けてきた」と言及した上で、「アップルが三星とHTCを法廷に追い込むならば、これは(タイヤ会社の)ダンロップがブリヂストンを提訴するようなものだ。なぜなら彼らも丸い形のタイヤを作っているためだ」と指摘した。

米タイムズ紙もアップルの訴訟戦略が結局自らを困難に陥らせることになると警告した。

タイムズは、「アップルは訴訟を準備しながら三星の半導体に対する依存を減らそうと努力しているという。アップルは三星電子が供給する価格帯でそれだけの品質を保障するチップセットを探さなければならない困難に直面することになり、さらには三星から半導体分野で報復されることもあり得るだろう」との見通しを示した。

海外メディアは特に特許権者に有利な判決を下しているデュッセルドルフ裁判所に対しても、「技術開発を防げる」として非難した。一方、三星は12日、アップルの「iPhone」と「iPad」が自社の携帯電話技術3件の特許権を侵害したとして7月にフランスのパリ地方裁判所に提訴したと明らかにした。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    三星「ギャラクシータブ10.1」不利の独地裁の判決に「疑問」の声

    2011.09.14 09:06
    뉴스 메뉴 보기
    三星(サムスン)電子「ギャラクシータブ10.1」。
    TOP