주요 기사 바로가기

日産キューブ“コリア旋風”…6週ごとに新車出す(1)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2011.09.09 11:33
0
「小型車と電気自動車」。ボックスカー「キューブ」旋風を起こしている日産自動車が掲げた成長動力の2大キーワードだ。燃費と再生可能エネルギーの活用が最大トピックとなっているグローバル自動車市場のメガトレンドに速やかに対処するということだ。

8日に訪韓した日産自動車の志賀俊之最高執行責任者(COO)は「世界市場で着実に成長している日産を支えているのは小型車(準中型差含む)と電気自動車」と述べた。ソウル小公洞(ソゴンドン)ウェスティン朝鮮ホテルで開かれたグローバル中期計画発表の場でだ。

志賀氏はこの日、小型車と電気自動車を軸に世界市場シェアと営業利益率を2016年までに8%に高めるという「パワー88」計画を発表した。これを受け「パワー88」に向けた新車発表が相次ぐ見込みだ。志賀氏は「2016年まで51モデルの自動車を開発する計画」と明らかにした。事実上、6週ごとに新車を出すということだ。

小型車の販売競争力を高めるため、インド・タイのような新興国で車を生産し、欧州・日本に輸出する戦略も進めている。昨年出した小型車「マーチ」(1600cc)がその例だ。これを通して新興国での市場シェアも高め、価格競争力も確保するという目標を設定している。

志賀氏は「円高と日本の高い法人税(40%)、後れをとった自由貿易協定(FTA)のため、日本国内での生産はやさしくない。新興国をグローバル生産拠点として活用する計画」と語った。

日本大地震後、部品需給ラインの多角化も積極的に進めている。志賀氏は「釜山(プサン)に工場があるルノー三星(サムスン)と部品共用化が行われ、韓国部品の輸入も考慮してている」と述べた。


日産キューブ“コリア旋風”…6週ごとに新車出す(2)

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    日産キューブ“コリア旋風”…6週ごとに新車出す(1)

    2011.09.09 11:33
    뉴스 메뉴 보기
    日産自動車が韓国で「キューブ」旋風を起こしている。
    TOP