주요 기사 바로가기

<サッカーW杯>趙広来監督「UAE戦はより攻撃的に」

ⓒ ISPLUS/中央日報日本語版2011.09.09 10:34
0
アウエーのクウェート戦を終えて帰国したサッカー韓国代表チームの趙広来(チョ・グァンレ)監督が、今の流れを維持し、さらに強力な攻撃サッカーをするという考えを明らかにした。

趙広来監督は2014ブラジルワールドカップ(W杯)3次予選の第2戦を終えて帰国した8日、仁川(インチョン)空港で記者会見し、「クウェート現地の気温が40度を越え、グラウンドの状態も良くなかったので、厳しい試合を予想していた。幸い、峠は越えた。アウエーで勝ち点1を得たことは最終予選への道に役立つだろう。UAE戦はさらに攻撃的にする」と述べた。

趙広来監督は「猛暑のため選手たちが苦しみ、後半はテンポを落としたが、それが引き分けになった原因と見ることもできる」とし「しかし今後も前方で積極的にフォアチェック(前方でのプレス)をし、相手の攻勢を遮断する攻撃サッカーを続けていく」と明らかにした。

「今回の試合結果からみて戦術的な変化が必要では」という指摘に対しては、「私たちが進むべき道がある。もう少し攻撃的に出れば、中東チームも私たちを相手にするのが難しくなるだろう」と答え、パスによる攻撃サッカーの意志を曲げなかった。

一方、韓国代表は今回のクウェート戦で両サイドの守備に弱点を表した。左サイドの洪喆(ホン・チョル)はレバノン戦では積極的な攻撃参加で満点の活躍を見せたが、クウェート戦では相手の波状攻勢を防ぐのに苦戦した。右サイドもチャ・ドゥリが負傷で抜け、代わりに投入された金在成(キム・ジェソン)が精彩を欠いた。金在成は本来MFであり、右サイドのDFではない。

趙広来監督は「私だけでなくコーチングスタッフもサイドのDFについて悩みを抱えている。もう少しディフェンスが良いサイドのDFを発掘するためにKリーグ選手のチェックを続ける」と述べた。

一方、相次ぐファインセーブでクウェート戦のMVPに選ばれたGK鄭成竜(チョン・ソンリョン)は「厳しい試合だったが、勝ち点1点を得た。勝てなかったのは残念だが、個人的なことはともかく、この試合を通して若い選手たちが経験を積んだ。一つになって足りない部分を補っていく必要がある」と話した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    <サッカーW杯>趙広来監督「UAE戦はより攻撃的に」

    2011.09.09 10:34
    뉴스 메뉴 보기
    サッカー韓国代表チームの趙広来(チョ・グァンレ)監督。
    TOP