주요 기사 바로가기

トルコの大学に「三星アンドロイド」科目新設(1)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2011.09.09 10:25
0
トルコ・イスタンブールの有名大学バフチェシェヒル大学に来月10日から「三星(サムスン)アンドロイド」という名前の講義ができる。三星のスマートフォン「ギャラクシー」シリーズの基本ソフト(OS)の「アンドロイド」についての内容を主題にした講義だ。この科目は三星電子トルコ法人とこの大学の産学協力を通じて生まれた。三星電子トルコ法人の社員が毎週1回講義室を訪れ授業をサポートする予定だ。三星電子トルコ法人のホン・ソンリョン法人長は、「最近トルコで高まっているモバイルと三星電子に対する関心を反映して科目を開設することになった。この科目を通じてトルコにわが社と製品に対する体系的な知識を伝える」と話した。

「兄弟の国」として知られるトルコで三星電子の売り上げが爆発的に増加している。昨年8億7000万ドルだった三星電子トルコ法人の売り上げは今年15億ドルに増えると予想される。来年の売り上げ目標は20億ドルだ。

トルコは伝統的に現地企業が強いところだ。欧州とアジアの中間に位置しており欧州の電子メーカーもトルコに総力を挙げている。このためこうした三星電子の成長は現地でも非常に異例のケースと受け止められている。

5日午後に訪れたイスタンブール中心街のジェバヒルショッピングモールにある家電売り場の入口は数百台の三星電子のテレビで埋め尽くされていた。現地スタッフは、「三星電子製品は日本や欧州のメーカーより高級なイメージと認識されている。三星のテレビがある家は金持ちの家と考えてよい」と伝えた。成功の秘訣は徹底した現地化だ。
トルコの大学に疁三星アンドロイド」科目新設(2)


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    トルコの大学に「三星アンドロイド」科目新設(1)

    2011.09.09 10:25
    뉴스 메뉴 보기
    トルコ・イスタンブールの中心街にあるジェバヒルショッピングモールの家電売り場入口。三星電子のスマートテレビが前面に配置されている。
    TOP