주요 기사 바로가기

ロシア原潜「ドルゴルキー」が東海へ…中国は空母艦隊創設へ(1)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2011.09.09 10:02
0
東アジアで中国とロシアが競い合うように海軍力を増強し、領域内の海域で緊張が高まっている。ロシアは今年中に最新鋭原子力潜水艦を太平洋艦隊司令部に配置する計画だ。中国は試験運航に入った「ワリャーグ」のほか、新型原子力空母を建造し、これを中心にした攻撃用の新艦隊の創設を進めている。中国と米国が南中国海(南シナ海)で覇権競争を繰り広げているなか、ロシアまでこれに合流し、東アジア海域で海上軍備競争がさらに加熱する様相だ。

8日の日本読売新聞によると、ロシアがソ連崩壊後初めて建造した最新鋭原子力潜水艦「ユーリ・ドルゴルキー」を年内に太平洋艦隊(司令部ウラジオストク)に配置する予定だ。同紙によると、ロシアのプーチン首相は5日、与党・統一ロシアの集会に出席し、「新しい潜水艦のテストがうまく進行中で、年内に太平洋艦隊に引き渡す」と述べた。

ロシアは1990年代、「ユーリ・ドルゴルキー」の開発に着手し、07年に進水した。しかし潜水艦に搭載される射程距離8000キロの弾道ミサイル「ブラバ」の発射試験に失敗し、実戦配備が数年遅れた。そして今年6月と8月、ブラバ発射試験が相次いで成功したことで、プーチン首相は年内に太平洋艦隊に配置する計画を明らかにした。新しい潜水艦の母港はカムチャツカ半島の軍港になるという。

ロシアはこのほか、フランスから導入したミストラル級強襲揚陸艦も太平洋艦隊に配置する計画だと、読売新聞は伝えた。この場合、東アジア海域でロシアの海軍力が大きく高まり、韓国・米国・日本にとって相当な脅威になると予想される。
ロシア原「ドルゴルキー」が東海へ…中国は空母艦隊創設へ(2)


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP