주요 기사 바로가기

韓国銀行、基準金利を4カ月間凍結…年3.25%

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2011.09.08 13:51
0
韓国銀行の金融通貨委員会(以下、金通委)は8日、会議を通じて基準金利を3.25%に凍結した。これにより、基準金利は昨月に続いて4カ月間連続で現状を維持することになった。

金通委が物価上昇の圧迫にも関わらず、このような決定を下すことになった背景には、最近ギリシャの負債交渉の難航と低調な成長率を記録しているユーロゾーンの財政危機があると見られている。

また、米国の連邦準備委員会とオバマ米大統領の景気テコ入れ対策が具体化されない状態で、悪化した米国の景気指数も影響を及ぼしたものと思われる。

最近、金利凍結を決めた周辺国家の影響も大きい。これに先立ち7日、日本の中央銀行である日本銀行(BOJ)は金融政策会議を開き、基準金利を現行0~0.1%で維持していくことを決定した。米国の景気テコ入れ発表を前に、日本が基準金利を現水準で維持しつつ、海外の危険要因など国内外の変化推移を見守るという立場が韓国銀行の決定に影響を及ぼしたものと分析される。



関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP