주요 기사 바로가기

「野田首相は現実主義の政治家、ミラクルはない」(2)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2011.09.07 15:53
0
--野田首相は東日本大地震の後遺症、原子力汚染事故のような未曽有の事態を克服する能力があるのか。

「大きな期待はしない。 しかし野田首相はこの10年間には見られなかったリアリズム(現実主義)の政治家だ。 その間、日本政治は小泉純一郎首相、安倍晋三首相時代を経て夢を追ったが、一度も実現したことはない。 野田首相が必ずするべきことはエネルギー安定、財政安定、北東アジア安定だ」

--野田首相は「靖国神社にはA級戦犯はいない」と述べた。 韓国で懸念されている。

「野田首相は内閣は公式的に参拝しないと明らかにした。 彼の政治リアリズムであり歴史認識でもある。 韓国がそれほど心配することはない」

--野田首相は日米同盟が日本安保の根本だと述べた。 日米関係は良くなるのか。

「それほど簡単なことではない。 米国が十分に信頼して依存できる存在として、日本の力が弱くなっているからだ。 首相が何度も代わるため、誰と話すべきか当惑している。 米国は国債の格下げ後、財政縮小が避けられなくなった。 日米関係安定のためには韓日、韓米間の結束も重要になった」

--中国との問題、特に尖閣諸島(中国名・釣魚島)問題もこじれているが。

「両国問題はそれほど簡単なものではない。 中国の海洋進出問題もあり、胡錦濤・国家主席後の政権の政策も不透明だ。 中国の挑戦がどうなるかは分からない」

--鳩山由紀夫元首相は東アジア共同体を主張したが、野田首相はどうか。

「鳩山構想の最大の問題は米国を抜いてするという点だった。 こうした点で野田首相は米国のドルが暴落した場合はどうなるのかについて関心を持たなければならない。 韓国・日本・中国など北東アジアが大きな被害を受け、ロシアと台湾にまで影響するはずだ。 もしこうなれば、これらの国が協力を強めなければならない」

--北東アジアでの日本の役割は強化されるのか。

「野田首相の優先順位は外交ではなく内政だ。 しかし靖国のように懸案別に決定するだろう」

--玄葉光一外相(47)は(外交経験がない)‘ニューフェース’だが、問題はないのか。

「玄葉外相は政策に強く、感覚もよい。 経験がない点が心配されるが、外務官僚の役割が強化され、うまく対応していくと思う」

--北朝鮮問題は画期的な突破口があるのか。

「北朝鮮の核開発問題が対北朝鮮政策の大きなテーマになった。 それで朝日関係を改善するための措置が出てくるのではないかと思う」
「野田首相は現実主義の政治家、ミラクルはない」(1)


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP