주요 기사 바로가기

<IFA>繊細な「Sペン」で肖像画…三星「ギャラクシーノート」を使ってみると(1)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2011.09.06 15:40
0
「スマートフォンとタブレットPCの機能をすべて備えている」。

独ベルリンで開催中の家電見本市「IFA2011」で、三星(サムスン)電子が公開した野心作「ギャラクシーノート」の特徴を一言で表現した言葉だ。 ギャラクシーノートは市場にこれといったタブレットフォンがない状況で登場した製品。 7365平方メートル(2230坪)にのぼる三星電子展示館の中では、ギャラクシーノートのブースに最も多くの人が集まった。

展示会を観覧するためフランクフルトから来たというワグナーさん(52)は「従来のスマートフォンの惜しまれる部分をかなり解消している製品。欧州市場でも十分に勝算がありそうだ」と評価した。

まずギャラクシーノートは横82.95ミリ、縦146.85ミリの大きさで、画面は5.3インチ。 スマートフォンのギャラクシーS2(4.5インチ)より大きく、ギャラクシータブ(7インチ)よりは小さい画面だ。 重さは178グラムでギャラクシータブ(380グラム)の半分水準。 片手で十分に使えるという感じだ。

外観は従来のスマートフォンのギャラクシーS2と似ている。 その代わり画面はかなり明るかった。 5.3インチWXGA(1280×800)スーパーAMOLED画面を適用したことで、自然な色を100%再現した。 さらに大きくなった画面は、インターネットや文書を見る際にもより多くの情報をひと目で見られるようにした。 パソコンレベルの「ドキュメントビュー」機能を備え、実際に業務での活用が可能だ。
<IFA>繊細な「Sペン」で肖像画…三星「ギャラクシーノート」を使ってみると(2)


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    <IFA>繊細な「Sペン」で肖像画…三星「ギャラクシーノート」を使ってみると(1)

    2011.09.06 15:40
    뉴스 메뉴 보기
    三星(サムスン)電子のギャラクシーノートを利用してカリカチュアを描く姿。繊細な作業が可能だ。
    TOP