주요 기사 바로가기

【グローバルアイ】香港に来たチリの韓流ファン(2)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2011.09.06 10:45
0
7月に韓国で3週間にわたる韓国語過程を履修しに行ったエレン・コンは人気K-POPグループのKARA(カラ)、MissA(ミスエー)、f(x)(エフエックス)、2AM、CNBLUE(シーエヌブルー)など男女8チームの合同コンサート契約を締結して帰ってきた。1枚で1080~1480香港ドル(約1万650~1万4600円)に達するチケットが1万枚以上販売された。エレン・コンは英語と中国語でフェイスブックとツイッターのファンクラブを攻略するのに広報の焦点を合わせた。地下鉄の駅はイベントの広告で埋め尽くされ、香港の日刊英字・中国語紙だけでなく地上波・ケーブル放送でも香港で開かれる過去最大の韓流イベントとして大きく取り上げた。こうした全方向広報・マーケティングを通じ、このほど香港で最も大きい室内公演会場で開かれたこのコンサートは2日間の客席を全部埋める大盛況となった。

モバイルビッグバン時代を迎え同時多発的に韓流文化商品が世界各地に広がる時代だ。成長潜在力を見て異邦人まで飛び込むほどであるならさらに積極的に韓流のグローバル化戦略を立てる必要があるという考えだ。懸念されるのは韓国の文化商品の現地化に役立つ人材が自ら出てくるこの機会をうまく生かさなければならないのに、われわれの準備があまりできていないという点だ。韓国の文化領土を広げることだ。現地事情に明るく実力が検証された外国のパートナーを積極的に引き込むという開かれたマインドなくしては韓流の世界化ははるか彼方のことだ。
【グローバルアイ】香港に来たチリの韓流ファン(1)


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP