주요 기사 바로가기

野田氏で注目浴びる松下政経塾、「政治勢力化ないだろう」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2011.09.02 10:40
0
日本の指導者養成所の松下政経塾1期生の野田佳彦氏が最近首相に指名されたことで政経塾に関心が集まっている。松下精神で武装した若い指導者のひとりとして評価される島根県益田市の福原慎太郎市長に会い政経塾の教育過程と精神に対して聞いた。

――政経塾で何を学んだか。

「学んだのではなく同期6人とともに自ら悟って体得する、すなわち自修自得をした。他の人が引っ張ってくれながら親切に教えることでは、既存の枠組みをとうてい越えることができないということを悟った。政経塾で過ごした3年は覚悟を固める時期だった。私が何をしなければならないのか悟って決める期間だった」。

――自治体首長として政経塾で学んだどんなことが役に立つか。

「自ら勉強して自ら体験すること、そして何をするにしても“人間”をよく分からなければならないという根本精神だ。これは創始者の松下幸之助の精神でもある。自治体を運営しながら人事の際や重要な意志決定をする時も根幹には政経塾での経験がある」

――政経塾出身の先輩が首相になったが。

「先輩としてしばしば会ったが会う時ごとに感じるのは、決して重くも軽くもない内面があるということだった」

――政経塾出身者が日本再武装に積極的で領土問題に強硬だという印象があるが。

「そこで勉強した人々だからと全員が右翼的とは考えない」

――同窓らの結束力は。

「よく連絡して会っているが政党を作ったり組織を通じて勢力化するということは望ましくないと考える。自分たちの領域で日本のために寄与できることを先導して切り開くのが重要だ」

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    野田氏で注目浴びる松下政経塾、「政治勢力化ないだろう」

    2011.09.02 10:40
    뉴스 메뉴 보기
    島根県益田市の福原慎太郎市長。
    TOP