주요 기사 바로가기

NANTA制作者、韓国文化庁長官を辞退

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2011.08.29 13:40
0
任太熙(イム・テヒ)大統領室長が週末27日、ミュージカル「NANTA(ナンタ)」の制作者である宋承桓(ソン・スンファン)PMCプロダクション代表理事の自宅を直接訪れた。「鄭柄国(チョン・ビョングク)文化体育観光部長官の後任となり、文化CEO(最高責任経営者)になってほしい」と要請するためだった。しかし宋代表は、「(自分は)公職に適任ではない」と辞退した。任室長は28日に再び宋代表に接触しようとしたが、宋代表は一貫して断ったとのことだ。

そのため、文化部長官の後任をめぐって新しい候補探しに取り組み出したという。青瓦台(チョンワデ、大統領府)関係者は、「李明博(イ・ミョンバク)大統領が『女性も探してみなさい』と指示した」とし、「そのような脈絡で在日同胞出身のバレリーナとして国立バレエ団を率いている崔泰枝(チェ・テジ)団長が新たに議論されている」と伝えた。朴範薫(パク・ボムフン) 青瓦台教育文化主席と金長実(キム・ジャンシル)・劉震龍(ユ・ジンリョン)前文化部次官も候補であり、ハンナラ党趙允旋(チョ・ユンソン)議員も名前が挙げられている。青瓦台関係者は「文化部長官人事が今回の内閣改造の核心になっている」と述べた。



関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP