주요 기사 바로가기

【社説】北朝鮮の勲章を受けたスパイが民主化運動家とは…

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2011.08.26 15:21
0
韓国地下党組織「旺載山(ワンジェサン)」の人物が93年8月当時、北朝鮮の金日成(キム・イルソン)主席に会って‘接見教示’を受け、18年間にわたりスパイとして活動してきたというのは衝撃的だ。 旺載山の組織員の中には盧武鉉(ノ・ムヒョン)政権当時の国会議長秘書官も含まれている。 組織員らは功労が認められて北朝鮮勲章も受けた。 「南朝鮮革命」を図った定着スパイが20年近く活動し、国家機密を扱う国会議長の秘書官がスパイとはあきれる。 民主化運動の関係者と認められたスパイもいるとは言葉を失う。

検察は昨日、旺載山の組織員5人を国家保安法上の反国家団体構成・加入、間諜、特殊潜入容疑で逮捕、起訴した。 80年代に主体思想派として活動したこの組織のトップは「朝鮮労働党と金正日(キム・ジョンイル)に対する無限の忠誠と死を辞さない革命闘争」を誓ったという。 彼は01年に北朝鮮労働党225局(対外連絡部)の指令を受け、組織員を集めて旺載山を構築した。 これを通してソウル・仁川(インチョン)地域を舞台に活動し、政治・軍事資料、運動圏団体の内部動向を収集したことが把握された。

特に組織員は国会議長の秘書官を中心に政界への浸透を図り、予備役将星や将校を引き込みの対象にしたという捜査内容は目を引く。 私たちの社会の主要人物に手を伸ばすために「上層統一戦線」を繰り広げている北朝鮮の戦略を見せる傍証だと、公安当局は解釈している。 ドイツ統一前までに東ドイツが西ドイツに約3万人のスパイを定着させ、政治家と官僚、大学生までも抱き込んだ歴史は他人事ではない。

旺載山は氷山の一角にすぎないかもしれない。 最近は進歩・親北・従北勢力が入り乱れ、区分するのが容易でない。 進歩という名前で装った従北勢力が社会の価値観と秩序を揺るがす世の中だ。 旺載山スパイが「国家保安法廃止ろうそく集会とマッカーサー銅像の撤去などを主導した」とし、北朝鮮に報告したという点からは、その実像を想像できる。 今でもあちこちで事実上のスパイが暗躍中という仮説を完全に否定することはできない。 分断状況でスパイは厳然たる現実だ。 昔の話だと罵倒する誤った社会認識から変わらなければならない。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP