주요 기사 바로가기

【社説】ポストジョブズ時代とITコリア

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2011.08.26 11:56
0
病気に苦しんできたスティーブ・ジョブズがアップル最高経営責任者(CEO)から退いたのは驚くことではあるが、予想できなかったことではない。「アップルの最大リスクはジョブズ」という言葉はかなり以前から何度も出ていた。アップルを共同創業して以来35年間を振り返ると、ジョブズは「この時代の最高の経営者」といっても遜色はない。最初の個人用コンピューターであるアップル1をはじめ、iPod-iPhone-iPadと傑作品を出しながら世界市場を支配した。アップルの疾走に恐怖を感じないライバル企業はなかった。

私たちはジョブズの退陣を残念に思いながら見守っている。彼は口癖のように「墓で金持ちになることなどは重要でない。毎晩『自分たちは本当に驚くようなことをした』と思いながら眠りにつければいい」と話してきた。彼の願いはすでに実現した。想像の中で可能だった多くのことが彼を通して目の前の現実になり、消費者を魅了する彼の卓越した能力のおかげで情報技術(IT)生態系はさらに豊かになった。「未来を読む鋭い洞察力と創造力を備えた天才」という表現のほかに、彼の成功神話を説明することはできない。

今後「ジョブズのいないアップル」の未来は未知数だ。彼の準備された引退のおかげで、短期的に大きな影響はないという観測が少なくない。彼の臥病中にもアップルはiPadの発売を完璧に成功させた。またアップルは今後2、3年間に開発する新製品ロードマップも準備しているという。しかしジョブズは格別な経営者だった。長く見るとトーマス・ワトソンが去ったIBMやビル・ゲイツが去ったマイクロソフトのように、アップルも「そこそこの企業」になるのかもしれない。

今はもう韓国も「ポストジョブズ」時代を迎える準備をしなければならない。過去のITの歴史を振り返ってみると、「韓国は創意性がない」という非難には同意しがたい。ソニーウォークマンの牙城を崩して世界で初めてMP3を開発したのは韓国企業だった。一時は世界MP3市場の80%を掌握しながらも、アップルのiPodに痛恨の一撃にあった。またソーシャルネットワークサービス(SNS)のアイラブスクールやサイワールド、ネイバーの知識人サービス、仮想世界の生活を扱ったDADAワールドなども韓国がはるかに早かった。ただ、米国のフェイスブック、グーグル、セカンドライフなどに押し出されただけだ。

しかし2000年代に入って韓国IT業界は世界的に注目される先端技術や新しいサービスを出せていない。アップルやグーグルが出した新しい生態系にあたふたと足を踏み入れる格好だ。これに対し、米国には卓越した能力とソフトウェアで武装した若い反乱軍が雨後の筍のように出てきている。「アップル帝国」に続き「グーグル軍団」「フェイスブック師団」のような表現はすでに聞き慣れている。韓国企業も「ITコリア」の奇跡を続けるには、過去の失敗を省みながら開放と共有の創造的モデルを見いださなければならない。ハードウェア-ソフトウェア-サービスを結合した新しい生態系をつくり、人材を見る視点にも変化が必要になるだろう。「革新とビジョン」だけが勝者独食の世界で成功に導くという教訓を、退陣するジョブズが私たちに投げかけている。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP