주요 기사 바로가기

金日成の指令で20年間活動のスパイ集団を摘発(1)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2011.08.26 11:09
0
反国家団体容疑で捜査を受けた団体「旺載山(ワンジェサン)」の核心人物キム・ドクヨン容疑者(48)は93年、北朝鮮の金日成(キム・イルソン)主席に会い、スパイ活動に関する指示を受けた、という検察と国家情報院(国情院)の調査結果が出てきた。

ソウル中央地検公安1部はキム・ドクヨン容疑者と旺載山ソウル地域担当イ・サングァン容疑者(48)、仁川(インチョン)地域担当イム容疑者(46)、連絡担当イ容疑者(43)、宣伝担当ユ容疑者(46)ら5人を国家保安法上の反国家団体構成・加入などの疑いで25日に起訴した。

キム容疑者は北朝鮮内閣傘下の225局と関連した反国家団体を組織し、20年近くスパイ活動をしてきた疑い。検察と国家情報院が反国家団体を摘発したのは99年、‘主体思想派’キム・ヨンファン(49)らが関与した地下党事件である民族民主革命党(民革党)事件以来12年ぶりとなる。

検察によると、大学(中央大81学番)時代に主体思想派だったキム・ドクヨン容疑者は93年8月26日、金日成(キム・イルソン)に会い、「南朝鮮革命のための地域指導部を構築すべき」という内容の‘接見教示’を受けた。キム容疑者はイム容疑者とソウル地域担当のイ容疑者を引き込んだと検察は話した。

キム容疑者らは資金調達のために設立したIT企業ジウォンネットの役職員として活動しながらスパイ活動を行ったと、検察は説明した。01年3月には旺載山組織が正式に構築され、政界の動向と米軍基地および主要軍事施設などの衛星写真、米軍野戦教範などの収集・提供など本格的な活動が行われた。
金日成の指令で20年間活動のスパイ集団を摘発(2)


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    金日成の指令で20年間活動のスパイ集団を摘発(1)

    2011.08.26 11:09
    뉴스 메뉴 보기
    北朝鮮の故金日成主席。
    TOP