주요 기사 바로가기

日本の格付け引き下げにもアジアは冷静(1)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2011.08.25 10:36
0
日本の格付け引き下げでも市場は静かだった。株価は比較的安定的な流れを見せ、為替相場も大きく動かなかった。

24日のKOSPI市場は前日に比べ21.9ポイント(1.23%)下落の1754.78で取引を終えた。コスダック市場も5.46ポイント(1.14%)下落の474.29で引けた。スタンダード・アンド・プアーズ(S&P)が5日に米国の格付けを引き下げ大きく揺れ動いたのとは対照的だ。国内だけでなく日本の証券市場も落ち着いて対応した。この日の日経指数は1.07%下落の8639を記録した。中国は0.51%下落、台湾は0.63%下落するなどアジアの他の証券市場も下げ幅は大きくなかった。ソウル外為市場ではドル相場が前日より4.2ウォンのドル高ウォン安となる1082.2ウォンを記録した。安全資産を選好する心理が深まり債券価格は上がった。金融投資協会によるとこの日の国庫債3年物金利は前日より0.06%下がった3.46%だった。

日本の格付け引き下げが市場に特に衝撃を与えないことはすでに十分に予想されていたためだ。ハイ投資証券のチョ・イクチェ・リサーチセンター長は、「日本の景気が良くなる可能性が当分薄いということは誰でもわかっている事実。すでに市場に反映された悪材料で証券市場に特別な影響を及ぼさなかった」と話した。現代(ヒョンデ)証券アナリストのパン・ジョンウク氏も、「日本の財政負債問題を考慮すると今回の格付け引き下げはむしろ遅い感がある。1990年代にすでに最上級から降格された経験があり、米国の格付け引き下げのような象徴性もなかった。現実を確認させてくれる程度の悪材料だ」と説明した。
日本の格付け引き下げにもアジアは冷静(2)


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP