주요 기사 바로가기

金正日、核兵器実験の暫定中断・6カ国協議再開に「用意あり」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2011.08.25 09:25
0
北朝鮮の金正日(キム・ジョンイル)総書記(69)とロシアのメドベージェフ大統領(46)は24日、シベリア・ウランウデ付近のソスノビボル(松の森)で開かれた朝ロ首脳会談で、6カ国協議再開問題とともに北朝鮮の核問題、核実験暫定中断(モラトリアム)問題について深く議論した。この日午後2時に始まった会談は、両首脳の単独面談で行われ、約2時間10分後の4時10分に終わった。

メドベージェフ大統領は会談後、「金総書記と率直で実質的な対話をした。北朝鮮が自国を通って韓国まで続く天然ガスパイプラインの連結を支持したことで建設に合意する可能性がある」と楽観した。また「私が知る限り、北朝鮮は(天然ガスパイプラインに関する)3者プロジェクトを施行することに関心を持っている」と述べた。

ロシアのチマコワ大統領報道官は「北朝鮮は条件なしに6カ国協議を再開する用意があり、核ミサイルの生産・実験を暫定中断する準備もできている」と伝えた。

メドベージェフ大統領は会談が開かれる4時間前のこの日午前10時、現場に先に到着した。金総書記は午後1時50分ごろ、黒のベンツSクラスに乗り、警察車など30余台の警護を受けながら会談場の軍事施設に入った。ベンツは1990年代半ばのモデルで、現場の人々は驚いていたと、ロシアメディアが伝えた。

イタルタス通信など現地メディアはこの日の会談が和気あいあいとした雰囲気で行われたと報じた。報道によると、紺色のスーツに水色のネクタイをしたメドベージェフ大統領は金総書記を笑顔で迎えながらあいさつした。これに対し金総書記は「お会いできてうれしく思います。10年前に初めてお会いして以来です」と述べた。メドベージェフ大統領は「当時の平壌での温かい記憶がまだ残っています」と答えた。メドベージェフ大統領は00年、平壌で開かれた当時のプーチン大統領-金総書記の首脳会談に随行していた。

金総書記は「訪問日程が計画通りに進んでいますか」というメドベージェフ大統領の質問に対し、「非常に楽しく、気持ちのいい時間だった」と答えた。

金総書記は会談終了後にもしばらくソスノビボルに留まり、午後6時30分、メルセデスベンツに乗って出発した。その後、特別列車に乗り、ウランウデ駅を離れた。

金総書記はロシア横断鉄道(TSR)から満州横断鉄道(TMR)路線に乗り換えた後、中国を通って帰国する可能性が高いと、現地消息筋は伝えた。中国では中国最高指導者級の人物と現地で会う可能性もあると、中国現地消息筋が伝えた。27日にウラジオストク訪問が予定されているプーチン首相と会う可能性もある。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP