주요 기사 바로가기

金正日がいない平壌、金正恩の統治力が試される?

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2011.08.23 09:14
0
北朝鮮の金正日(キム・ジョンイル)総書記(69)が20日からロシアを訪問し、後継者の三男・金正恩(キム・ジョンウン、27)が平壌(ピョンヤン)でどう金正日不在状況を管理するかが注目されている。金正恩が昨年9月に後継者として公式登場して以来、金正日の外遊は5月の中国訪問に続いて2度目となる。ちょうどリビアのカダフィ政権崩壊が秒読み段階に入った状況であるだけに、関心はさらに高まっている。

金正恩の後見の役割をしてきた金正日の妹婿・張成沢国防委副委員長もロシア訪問の随行員に含まれているため、金正恩が金正日の不在状況をどう管理するかが試される。金正日不在時の名目上の国家首班である金永南(キム・ヨンナム)最高人民会議常任委員長が序列2位として権限を代行できる。しかし実際には金正恩がすべての権力を握っていると考えられる。昨年9月の労働党代表者会で得た労働党中央軍事委副委員長と北朝鮮軍大将の地位で、労働党と軍部を掌握しているということだ。

対北朝鮮情報関係者は「情報機関の国家安全保衛部を動員し、軍部と労働党の幹部に対する監視体制を稼働した」とし「軍部の核心の李英浩(リ・ヨンホ)総参謀長(政治局常務委員)が平壌で金正恩を補佐する」と述べた。

金正日は金正恩から北朝鮮の主要状況の報告を随時受けて指示する遠隔統治をしていると、専門家らは説明している。パク・ジュンソク韓国警護警備学会会長(竜仁大警護学科教授)は「セキュリティーの維持が必須であるだけに、金正日専用列車にある暗号化された通信装備で親子が交信している」とし「ロシア訪問日程を比較的長く決めたのは、金正恩に任せても軍部クーデターなど不祥事は起きないだろうという自信のためと見るべき」と述べた。

北朝鮮官営メディアが金正日のロシア訪問をこれまでになく速かに報道しているのも同じ理由ということだ。朝鮮中央放送は21日、「遠い外国を訪問されている私たちの将軍様」などという住民の反応を前面に出しながら金正日中心の体制結束を強調した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    金正日がいない平壌、金正恩の統治力が試される?

    2011.08.23 09:14
    뉴스 메뉴 보기
    金正恩(キム・ジョンウン、27)。
    TOP