주요 기사 바로가기

金正日が高英姫を後妻にしたのは喜び組観察用カメラがきっかけ

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2011.08.19 11:59
0
1/2
金正恩(キム・ジョンウン)の生母の高英姫(コ・ヨンヒ)。
北朝鮮の金正日(キム・ジョンイル)国防委員長が金正恩(キム・ジョンウン)の生母の高英姫(コ・ヨンヒ)を後妻として指名した決定的契機が、「喜び組」観察用の金正日専用監視カメラという主張が出てきた。

北朝鮮戦略情報サービスセンター(NKSIS)は金正日と高英姫のロマンスのきっかけは金正日の執務室に設置された金正日専用監視カメラモニターだったと19日に伝えた。NKSISは北朝鮮内の消息筋の話として、「金正日の執務室のテーブルの上には万寿台(マンスデ)芸術劇場の訓練場と連結されたモニターがある。金正日はこの画面で練習中の高英姫を発見した」と伝えた。

高英姫は1972年に万寿台芸術団に入団した後、舞踊家として活動した。77年ごろ足取りが途絶えたのちに金正日の後妻として北朝鮮の権力層に登場した。高英姫が属していた万寿台芸術団は金正日と労働党の指示により1号行事(金正日が直接関与する行事)に動員される北朝鮮最高の芸術団だ。この芸術団は金正日の喜び組で構成されている。主な舞台は東平壌大劇場で、以前は万寿台芸術劇場だった。

金正日は74年に金日成(キム・イルソン)の後継者に浮上した後、金日成の偶像化作業に力を入れた。特に建設分野に集中した。この過程で金日成のための芸術劇場設立を推進することになり、こうして76年に誕生したのが万寿台芸術劇場だ。

金正日は万寿台芸術劇場を建設しながら劇場内の訓練場にカメラを設置し自身の執務室とつなげた。当時高英姫は最高の人気を謳歌する女優だった。金正日は彼の練習場面を執務室にある専用モニターで見ていたという。さらに高英姫の私生活までひとつひとつ把握したとされる。また、高英姫を宴会場に呼び、練習場を訪れて求愛するなど積極的だったという。

高英姫は53年に日本で生まれた。60年代に北朝鮮に帰国し、金正日の3番目の妻として知られている。2004年8月にパリで持病の治療中に死亡したと伝えられている。当時高英姫が病んでいた病気については正確にわかっていない。がんという説もあり、心臓まひという推定もある。現在ファーストレディ役をする4番目の夫人の金玉(キム・オク)は高英姫との間に生まれた金正恩らを世話するために抜擢されたという説がある。

兪惠銀リポーター

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP