주요 기사 바로가기

【社説】反大韓民国歴史教科書の居場所をなくさなくては

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2011.08.18 11:59
0
歴史教科書は育っていく世代に正しい歴史認識を植え付ける内容を盛り込まなければならない。歴史に対する正確な理解と自負心を基に未来を見通す力を育てられるようにしてこそ正しい歴史教科書だ。歴史教科書に対する最終責任が国にある理由だ。ソウル高裁が一昨日、左派偏向議論を巻き起こした金星出版社の韓国近現代史教科書に対する教育科学技術部の修正指示は適法と判断したのもこれを再確認したものという点で当然の判決だ。国の教科書修正命令は誤記など明白な誤りだけでなく、歴史的現実に対し誤った認識を引き起こす部分などにもできるというのが裁判所の判断だ。

裁判所は特に、民間出版社の検定教科書に対しても国の管理・監督権限を認めた。偏向的な理論・見解・表現を含んでいたり、国の体制と正統性を否定するものではないか国が審査することができると判断したのだ。検定の意味を幅広く解釈したのも注目に値する。検定権限には教科書の内容を後に教育目的に適合するよう修正できる権限も含まれているということだ。検定を通過した教科書といってもわい曲された部分が出てくれば正すのが国の責務であることを強調したという意味がある。

裁判所は金星教科書の偏向的な歴史記述に対しても「間違い」と判断した。2003年に刊行された金星教科書の最大の問題点は、大韓民国60年余りの成功をさげすみ、かえって北朝鮮に温情的な記述傾向を見せたことだ。教育科学技術部がこのうち29項目に対し修正命令を下し、裁判所はすべての項目に対し教育科学技術部側の手を上げた。例えば「日章旗の代わりに上げられたのは太極旗ではなかった」という内容は光復が自主独立ではないという否定的側面を過度に強調しており、「韓国と同じように北朝鮮も単独政府樹立の過程を踏んでいった」という著述は分断責任が韓国にあると誤解する素地があり修正指示は適切だと指摘した。こうした教科書が学生たちにどのような歴史認識を植え付けたか考えただけでも目まいがする。

政府が2013年から使われる新しい国史教科書刊行作業を進めているのがそれなりに慰めだ。9日に新しい歴史教育過程が告示され、これを土台に新しい歴史教科書の執筆と検定基準がまとめられる予定だ。現行の歴史教科書の問題点を解消するために政府と学界が4月から繰り広げてきた改編作業であるだけに期待も大きい。今回だけは理念に偏らずバランスの取れた歴史教育を可能にする歴史教科書を作る上でわずかでも疎かな点はなくさなければならない。

何より未来世代がわれわれの歴史に自負心を持てるようにする肯定の歴史記述が重要だ。解放と分断、戦争を経た逆境の中でも産業化と民主化を成し遂げた大韓民国の成功を誇らしい歴史として堂々と示さなければならない。北朝鮮に対しても実状をありのままに教えバランスの取れた認識を持つようにしなければならないだろう。反大韓民国歴史教科書はこれ以上居場所をなくさなければならない。誇らしい大韓民国史を教える教科書を作ること、まさに歴史教育正常化の出発だ。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP