주요 기사 바로가기

【社説】陸上はおもしろい=韓国

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2011.08.13 10:28
0
「走ろう、一緒に明日へ向かって」。大邱(テグ)の雰囲気が徐々に盛り上がってきている。「2011大邱世界陸上選手権大会」の開幕が14日後に迫った。韓国代表チームが先日、出征式を終えた。オーストラリア代表をはじめとする外国選手団も順に入国し、選手村と練習場を行き来しながら適応している。大邱スタジアムで9日間繰り広げられる今大会は、人間が体だけで限界に挑戦するダイナミックな祭りの場だ。大会の理念のように夢(Dream)、情熱(Passion)、挑戦(Challenge)が一つになった地球村の祭りが韓国で開かれるのだ。

今大会は大韓民国の国格を一段階高める絶好の機会だ。世界陸上選手権大会は夏季オリンピック(五輪)、ワールドカップ(W杯)とともに世界3大スポーツイベントといわれる。韓国は世界で7番目に、この3大会をすべて開催する「トリプルクラウン」を達成する。213カ国から歴代最大規模となる約6000人の選手・役員と取材陣が参加し、延べ65億人の世界の視聴者がテレビで大会を見る。今大会の成功を期待する理由だ。

大会を成功させるためには立派な施設と完ぺきな競技運営も重要となる。安全で不便のない大会にしなければならないからだ。しかしそれに劣らず切実なのが国民の関心と参加だ。何よりも競技場の観客数は大会の成否を判断する重要な基準になる。大邱市民はもちろん、全国民が一競技以上は観戦するという参加意識を持つ必要がある。

韓国国民の陸上に対する理解度は相対的に低いほうだ。しかし今回、世界的な陸上スターの火花散る競争を現場で直接観覧すれば、「陸上はおもしろい」ということを確認できるだろう。陸上競技規則や選手を知れば知るほどおもしろい。またよく分からなくても分からないなりに陸上はおもしろい。テレビで見た稲妻ウサイン・ボルト(ジャマイカ)や空を飛ぶ美女エレーナ・イシンバエワ(ロシア)の素晴らしい競技を直接見られるというのは、それこそ大きな感動ではないか。生涯に一度見られるかどうかという地球村のフェスティバルに喜んで参加しよう。そうすることが、大邱世界陸上選手権大会が歴代最も成功した大会になることにつながる。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP