주요 기사 바로가기

<サッカー>日本に完敗、朴智星の穴が大きい

ⓒ ISPLUS/中央日報日本語版2011.08.11 10:50
0
心配していた通りになった。朴智星(パク・チソン、30、マンU)と李栄杓(イ・ヨンピョ、34、無籍)の空席は非常に大きかった。10日に行われたサッカー韓日戦(0-3敗)は、アジアカップ後に趙広来(チョ・グァンレ)監督率いる韓国代表がずっと抱いていた不安要素が現実として表れた試合だった。

1月のアジアカップ後に朴智星と李栄杓が引退した後、韓国代表は計5回のAマッチ評価試合を行った。トルコとのアウエー戦をはじめ、ホンジュラス、セルビア、ガーナ、日本と、手強い相手と対戦してきた。結果は悪くなかった。5試合の成績は3勝1敗1分け。韓日戦までは無敗街道を走った。

この過程でいわゆる「朴智星・李栄杓の後継者」と注目された選手も多数登場した。無難な過程は、去った2人の大物に代わる選手を探すうえで障害として作用した。最近行われたAマッチ5試合のうち韓国が先制ゴールを許したのは日本戦が初めてだ。その他の試合は引き分け、またはリードしながらゲームの流れを継続した。本当の意味での「ワールドカップ(W杯)予選模擬試験」は韓日戦が初めてだった。しかし期待された「後継者」は一斉に沈黙した。

朴智星と李栄杓の価値は厳しい状況でより大きな輝きを放った。相手にリードを許した状況でも同僚選手が動揺せず試合に集中できるよう求心点の役割を果たしていた。本当の意味でのリーダーだった。趙広来監督は両選手のポジションに入る選手は数多く発掘したが、存在感を埋める人物を探せなかった。

韓日戦で韓国選手は先にゴールを奪われて慌て出した。冷静さを失い、感情的なプレーを続ける選手も数人いた。誰もその選手たちを制御できなかった。‘ポスト朴智星’時代のキャプテン朴主永(パク・ジュヨン、30、モナコ)は技量的な面で主将として遜色はないが、不利な流れでチームの雰囲気を制御する能力は見せられなかった。

現在の韓国代表チームは20代前半が主軸をなす。2014ブラジルW杯本大会に向けて早めに世代交代をした結果だ。未来には対応したが、目の前の危機に求心点の役割を果たすリーダーは見えない。2014W杯アジア地域3次予選を目の前にした趙広来チームのジレンマだ。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    <サッカー>日本に完敗、朴智星の穴が大きい

    2011.08.11 10:50
    뉴스 메뉴 보기
    10日に行われたサッカー韓日戦。
    TOP