주요 기사 바로가기

三星の幹部が帰国飛行機のトイレで死亡、自殺か

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2011.08.10 09:23
0
仁川(インチョン)空港警察隊は9日、「8日午後4時40分ごろ中国広州を出発して仁川空港に向かっていたアシアナ航空機内のトイレで、会社員のヤンさん(43)が死亡しているのを乗務員が発見して申告した」と明らかにした。

ヤンさんを発見した乗務員のパクさんは警察の調査で、「着陸前に乗客をチェックしたところ、ヤンさんが席にいなかった。トイレをノックすると、人の気配はなかったが、扉がロックされていた」と話した。続いて「強制的に扉を開けた時、ヤンさんはトイレ内の油圧開閉装置に首をつって死亡していた」と説明した。

警察は「家族らによると、三星モバイルディスプレーの部長のヤンさんは4カ月前から中国現地法人勤務をしてきたが、最近、病気の治療のため韓国に戻ることを希望していたようだ」とし「こうした内容を会社と話し合うため、当日、飛行機に乗ることになったと把握している」と説明した。

警察は抵抗した跡がない点からみて、ヤンさんが自殺したと推定している。ヤンさんの遺書は見つかっていない。

三星モバイルディスプレー側は「ヤンさんは中国法人に休暇届を出して国内に戻る途中で、技術の流出などで司法当局の調査を受けたり本社から召還されたことはなかった」と明らかにした。同社の関係者は「自殺の動機と推定されるものはなく、個人的な事情とみている」と述べた。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP