주요 기사 바로가기

<野球>読売、韓国ホームラン王の李大浩に関心…金額がカギ

ⓒ ISPLUS/中央日報日本語版2011.08.08 09:47
0
日本プロ野球最高名門の読売ジャイアンツも、今季終了後に自由契約選手(FA)資格を取得する李大浩(イ・デホ、29、ロッテ)に関心を見せている。技量面では合格点を受けるほどだ。しかし金星根(キム・ソングン)SK監督(69)は7日、「変数はある」と述べた。

読売球団の関係者は6日、仁川(インチョン)文鶴(ムンハク)球場を訪れ、金監督に会った。金監督は「韓国選手について尋ねた。当然、李大浩の話も出てきた。実力はすでに把握したようだった」と伝えた後、「相当な金額を準備しなければいけないだろうと助言した」と明らかにした。

ほとんどの専門家は「沈正洙(シム・ジョンス)が05年に現代(ヒョンデ)から三星(サムスン)に移籍した際に受けた4年間・最大60億ウォンを超える」と予想している。海外球団まで獲得に乗り出せば金額はさらに上がる。金監督は「海外球団が李大浩を獲得するには国内球団より多くの金額を提示しなければならないだろう」と述べた。

 
高金額が海外進出の障害になる可能性もあるという判断だ。金監督は「日本球団は最近、外国人選手の獲得に巨額を投資しない。林昌勇(イム・チャンヨン、ヤクルト)のケースのように基本金額を低くし、成績によるボーナスを高める方法を多く使う」と説明した。

李大浩は間違いなく読売が関心を見せるほどの選手だ。ある野球関係者は「読売スカウトが『李大浩はアレックス・ラミレスのように長打力もあり、長野久義のように正確な中長距離打者もできる。小笠原道大の代わりにもなる』と分析した。読売が李大浩に関心を見せているのは確実」と伝えた。

カギは金額、そして李大浩の選択だ。獲得競争が激しくなるほど金額は上がる。李大浩の選択の幅は広まる。金監督は「日本で成功するには『金儲けに行く』という考えより『野球をしに行く』という気持ちを持たなければいけない」と述べた。

関連記事

 

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    <野球>読売、韓国ホームラン王の李大浩に関心…金額がカギ

    2011.08.08 09:47
    뉴스 메뉴 보기
    李大浩(イ・デホ、29、ロッテ)。
    TOP