주요 기사 바로가기

三星テレビ、米国でグランドスラム達成

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2011.08.03 10:49
0
三星(サムスン)電子が米国で販売されるすべてのデジタルテレビ部門で販売1位を独占した。世界最大のテレビ市場の米国で「グランドスラム」を達成したことになる。

米国の市場調査業者NPDが2日に明らかにしたところによると、三星電子は上半期にデジタル・薄型・発光ダイオード(LED)・IP(インターネットプロトコル)・3D・プラズマ・液晶などテレビ市場でシェア1位を記録した。全部門合わせて後発メーカーとのシェアの差も平均18ポイントとなった。ソニーは3Dテレビを除くテレビ部門で10%台のシェアを占めるにとどまった。

特に今年はパナソニックが主導権を握っていたプラズマテレビ市場の1位奪還にも成功した。販売台数基準でプラズマテレビの三星のシェアは41%で、2位のパナソニックに比べ5.8ポイント上回った。三星電子がプラズマテレビ市場で良い成果を上げることができたのは「隠れた1インチ」のおかげだった。三星電子は今年からプラズマテレビ画面の大きさを1インチずつ増やした新製品を発表した。超スリムベゼルデザインを適用しテレビフレームの幅を減らして得た効果だ。三星電子関係者は、「プラズマテレビの特性上、液晶テレビのようにフレームを薄くできないが、最近のデザイントレンドに近づいた先端技術を適用し良い反応を得た」と話した。

2000年代初期にテレビ市場の強豪はソニーだった。しかし、三星電子は2006年に液晶テレビの「ボルドー」を市場に出しトップに上り詰めた。以後2009年には厚さが29ミリメートルしかないLEDテレビ「フィンガースリム」でシェア1位の座を固めた。

三星電子は次世代テレビ市場の「スマートテレビ」に集中しているが状況は侮れない。グローバル市場でコンテンツ最強者となっているグーグルとアップルがスマートテレビ市場に参入したためだ。

これに対抗して三星電子は世界で初めてテレビ用アプリケーションストアでスマートテレビ市場の先取りに乗り出した。「見るテレビ」に続き「楽しむテレビ」市場でも世界1位を守るという戦略だ。三星電子映像ディスプレイ事業部のイ・サンチョル専務は、「顧客のライフスタイルに合わせたスマートテレビコンテンツと使用者経験(UX)技術を補強して競争力を高める」と話した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP