주요 기사 바로가기

現代自動車、ハイブリッドで米市場の燃費競争を突破

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2011.08.03 10:12
0
6月末から7月初めにかけ5日間の日程で米国出張に出た現代(ヒョンデ)自動車グループの鄭夢九(チョン・モング)会長は、帰国直後に役員会議を招集した。この席で鄭会長は、「燃費基準が高まる米国市場を攻略するためにハイブリッドカーを積極的に押していこう」と指示した。中国とともに世界2大自動車消費市場の米国が最近環境保護を名目に燃費を大幅に引き上げ調整し高効率高燃費が現地市場攻略の核心イシューに浮上したためだ。

実際に先月29日にオバマ米大統領は、以前よりも自動車燃費基準を大幅に引き上げ調整する政策を直接発表した。これによると米国で車両を販売するすべての自動車メーカーは車両の平均燃費を2025年までに現在の水準(27.3mpg、約11.5km/L)より2倍に引き上げなければならない。具体的には2016年までに35.5mpg(約15km/L)、2025年には54.5mpg(約23km/L)に合わせなければならない。

幸い現代自動車グループが米国市場に新しい主力商品として出した「ソナタ・ハイブリッド」が成功の兆しを見せている。先月だけで1780台が売れた。前月の販売台数1422台より25%ほど増えた。現代自動車関係者は、「ソナタ・ハイブリッドはすでに6月にホンダ『インサイト』(1201台)とフォード『フュージョン』(969台)を抜き米ハイブリッドカー市場でダークホースとして注目されている」と説明した。

起亜「K5・ハイブリッド」(現地名オプティマ・ハイブリッド)もやはり反応が良い。米国市場に初めて披露された6月に103台が売れたのに続き、先月には300台が販売された。このように「ソナタ」「K5」のハイブリッドが出だしから米国市場で良い反応を得ているのは徹底した市場分析の結果だ。大型車を好む特性に合わせ初めから中型ハイブリッドモデルを投じたのが功を奏した。その上に現代自動車は現在米国で販売中の車両の平均燃費が35.7mpgに達し、すでに新しい燃費基準が提示した2016年の燃費目標をクリアした。大型好材料も大きい力になっている。オバマ大統領が新しい燃費基準を発表したワシントンウォルターコンベンションセンターにトヨタ「プリウス」、日産「リーフ」とともに「ソナタ」「K5」ハイブリッドが代表ハイブリッドカーとして展示され肩を並べた。現代自動車グループ関係者は、「現代・起亜自動車はハイブリッドをはじめとする高燃費車種を多数保有しており、米国の新燃費基準で有利な位置づけを確保した。今年発売した『ソナタ』『K5』ハイブリッドが粘り強い販売成長の流れを継続しており希望的だ」と話している。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    現代自動車、ハイブリッドで米市場の燃費競争を突破

    2011.08.03 10:12
    뉴스 메뉴 보기
    現代自動車「ソナタ」ハイブリッド。
    TOP