주요 기사 바로가기

「独立運動家にやくざ」と主張の親日作家に罰金刑確定

ⓒ 中央日報日本語版2011.08.01 14:32
0
著書で「柳寛順(ユ・グァンスン)は女やくざ」と主張した作家に罰金刑が言い渡された。

最高裁は「親日派のための弁明2」という本で「柳寛順は女やくざ」と主張するなど独立運動家の名誉を傷つけた疑い(出版物による名誉毀損等)で起訴されたキム被告(48)に対し、罰金750万ウォン(約58万円)を言い渡した原審を1日確定した。

最高裁は「原審は、被告が書籍で『柳寛順が暴力デモを主導した』という趣旨で記述した部分は虚偽だと判断し、『金九(キム・グ)は生まれつきの殺人魔』という内容などが書かれた発表文を通して金九先生の名誉を傷つけたとした原審は正当だ」とし、このように判示した。

キム被告は03年6月、「柳寛順は女やくざ」など独立運動家を誹謗する内容が書かれた書籍「親日派のための弁明2」を配布・販売し、同年11月の公聴会で「金九は生まれつきの殺人魔」という趣旨の発表文を配布した容疑で起訴された。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP