주요 기사 바로가기

「国際資金市場悪化時に韓国がアジアで最も危険」

ⓒ 中央日報日本語版2011.08.01 10:22
0
国際資金市場が悪化すれば、資金調達の側面からアジアの国で韓国が最も危険だという主張が提起された。

米投資銀行のモルガンスタンレーは銀行を中心に資金調達リスクにともなう衝撃吸収レベルを計ったランキングで、アジア8カ国のうち韓国が最下位を記録したという内容の「アジア信用戦略」報告書が最近発刊されたと1日に明らかにした。

この順位は貸倒引当金積み立て比率と預貸率などを根拠にしたもの。

調査対象国は韓国、中国、マレーシア、フィリピン、台湾、インド、インドネシア、台湾で、韓国は2008年も8位だった。

この報告書は、韓国の貸倒引当金積み立て比率(カバレージレシオ)と預貸率(LDR)の順位がアジア8カ国で最も低いと主張した。

資金調達リスクにうまく対応できる国としては中国、マレーシア、フィリピンの順に選んだ。台湾が4位、インドが5位、インドネシアとタイは同率で6位となった。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP