주요 기사 바로가기

元ヤンキースの伊良部氏が自宅で死亡…自殺か

ⓒ 中央日報日本語版2011.07.29 09:02
0
日本野球を代表する人物に挙げられる元ニューヨーク・ヤンキースの投手・伊良部秀輝氏(42)が、ロサンゼルスの自宅で死亡しているのが見つかった。

米メディアは29日(日本時間)、「伊良部氏が28日午後4時25分ごろ、ロサンゼルス近郊のランチョ・パロス・ベルデスで死亡しているのが見つかった」と一斉に報じた。警察は現在、伊良部氏の死亡を自殺と推定しているという。

伊良部氏は1988年にロッテに入団してプロ野球選手生活を開始、1993年には日本選手では当時最速の158キロの剛速球を投げて話題となった。

伊良部氏は1997年にニューヨーク・ヤンキースに進出、モントリオール、テキサスを経て、メジャー6年間で通算34勝35敗16セーブ、防御率5.15という成績を残した。98年と99年にはヤンキースのワールドシリーズ2連覇に寄与した。

その後、日本に戻り、03年と04年には阪神に所属した。伊良部氏の突然の死に日本は衝撃を受けている。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP