주요 기사 바로가기

日本メディア「中国、無理な高速鉄道建設・運行で事故」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2011.07.26 10:18
0
中国の高速列車脱線事故を契機に日本国内では「新幹線の安全神話」を改めて浮き彫りにしている。

読売新聞など日本メディアも25日、一斉に「今回の事故は無理に高速鉄道を建設・運行して発生した」とし「日本で新幹線の追突などは考えられない」と報じた。

朝日新聞は「新幹線は自動列車制御装置(ATC)で列車の間隔を調整するため、常に一定の距離を置くことになっている」とし「いかなる理由であれ、前の列車が止まっていれば後続列車は自動でブレーキが作動する」と分析した。

また「今回の事故の場合、落雷でATCシステム自体が停止した可能性がある」とし「しかし新幹線はATCシステムが停止した場合にも自動的に非常ブレーキがかかるようになっている」と説明した。

中国の場合、車両技術は海外から導入したものの、運行管理、信号システムは別々のものを組み合わせて独自開発したため、問題が発生したということだ。

日本経済新聞は「新幹線は列車に速度情報を感知するセンサーがあり、各種情報を総合的に管理しながら安全性を高めているが、中国は高速鉄道の運行ノウハウが不足している」と評価した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP