주요 기사 바로가기

<中国高速鉄道事故>早すぎる運行再開に安全性が疑問視

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2011.07.26 08:31
0
39人が死亡し、約190人がけがをする大型惨事を起こした中国高速鉄道が、事故発生の2日後に運行を再開した。中国国営新華通信は、25日午前から浙江省永嘉県-温州市区間の高速鉄道がまた運行に入ったと報じた。

盛光祖中国鉄道相は前日、「24日午後6時(現地時間)から列車の運行を再開する方針」と明らかにしていた。しかし夜間に暴雨予報が出たため、安全を考慮して運行を25日午前に遅らせたと、鉄道省の王勇平報道官が説明した。

中国鉄道当局は23日午後7時50分ごろ発生した追突事故後、夜通し作業を強行し、事故区間に対する整理と復旧を終えた、と明らかにした。鉄道部当局の事後処理が拙速に行われているという批判も提起されている。人命救助を軽視し、急いで事故現場を片づけたという指摘だ。

鉄道当局が救助活動の終了を宣言した後の24日午後5時40分ごろ、追突事故で高さ15メートルの高架橋から落下した客車の残骸から2歳の女児が見つかった。しかし親は死亡したことが確認された。このほか3人の遺体も残骸の中で発見された。胡錦濤国家主席と温家宝首相が人命救助を最優先にするよう命じたにもかかわらずだ。列車の残骸の相当部分も周辺に埋められたことが住民の情報提供で分かった。

25日にも高速鉄道の事故が続いた。新華社通信は、この日午後7時30分、安徽省定遠駅付近で北京-上海高速鉄道が電力供給設備の故障で停止したと伝えた。この事故で北京から上海に向かう列車が3時間ほど遅れ、列車の延着が続いた。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP