주요 기사 바로가기

<野球>朴賛浩「来年は韓国でやりたい」

ⓒ ISPLUS/中央日報日本語版2011.07.25 15:57
0
「来年は韓国でやりたい」。

朴賛浩(パク・チャンホ、38、オリックス)が夢見る最後の舞台は今も変わらず韓国だ。 月間スポーツオン(8月号)とのインタビューでこう語った。

朴賛浩は「故国から呼ばれればすぐにでも駆けつける。 私の夢は長いあいだ声援を送ってくれたファンの前でマウンドに立つこと」と明らかにした。

朴賛浩は昨年12月にメジャーリーグ生活を整理した。 多くのファンが韓国舞台への進出を望んだが、朴賛浩の選択は日本だった。

朴賛浩は当時、「韓国は考えていないのか」という質問に対し、「真っ先に行きたかったのは韓国だった。 しかし国内でするためにはさまざまな手続きを踏まなければならなかった。 私はサンタになってプレゼントを包みを開けたかったが、門を開いてくれなかった」と付け加えた。

お金のために日本に行ったという話に対しては一線を画した。 朴賛浩は「お金が優先的な考慮対象なら故国の舞台は考えもしなかっただろう。 韓国は自分の人生の源泉であり、自分を支えてくれた力。 お金は条件にならない」と述べた。

「韓国で選手生活を締めくくりたい」という朴賛浩は「ただ、制度的な制約が非常に多い。 私も故郷のチームのハンファに行きたい。 しかしハンファが私を入団させる過程も容易ではないと聞いている。 こうした問題が解決すれば、来年からでも韓国でできる」と明らかにした。

今季1勝5敗、防御率4.29を記録中の朴賛浩は現在、太もものけがでマウンドに立てずにいる。 朴賛浩は「忍耐を学ぶ過程だと考えている。 日本のリハビリプログラムを経験できる機会でもある。 健康に復帰すればリハビリ期間が良い勉強になっているはず。 常に良い方向で考えようと努力している」と語った。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    <野球>朴賛浩「来年は韓国でやりたい」

    2011.07.25 15:57
    뉴스 메뉴 보기
    朴賛浩(パク・チャンホ、38、オリックス)。
    TOP