주요 기사 바로가기

少女時代、日本での公演経験でステージ楽しむ余裕も

ⓒ ISPLUS/中央日報日本語版2011.07.25 09:27
0
1/2
24日、ソウル・オリンピック公園体操競技場で開かれた2度目の単独コンサート「2011ガールズジェネレーションツアー」記者懇談会に登場した少女時代。
少女時代がさらに成熟したステージを予告した。

少女時代は24日、ソウル・オリンピック公園体操競技場で開かれた2度目の単独コンサート「2011ガールズジェネレーションツアー」記者懇談会で、「2009年12月に行った初めてのコンサートの時に比べさらに成熟した公演になりそうだ」として期待感を高めた。

リーダーのテヨンは、「当時はお互いがお互いを見ても緊張したが、今回は日本アリーナツアーを14回も終えてきたためかステージをもう少し楽しんでいる」と所感を明らかにした。続けて、「公演スケールが大きい。ワイヤーを利用した舞台装置と公演中には船も登場する。おもしろい要素が多いだけに期待してほしい」と述べた。

少女時代は日本で高い人気を呼んでいる理由に対しても口を開いた。ソヒョンは、「アリーナツアーを通じてファンと直接会える機会が多くなり、大きな愛を受けているようだ」としてコンサートを通じファンとの疎通を強調した。少女時代は5月に大阪からスタートし広島・名古屋などを経由する14回のアリーナツアーを成功させている。

少女時代は23日から2日間の今回のコンサートを通じ多数の国内ヒット曲をはじめ、日本で公開した「MR.TAXI」と「Let it rain」の韓国語バージョン、メンバー別の個人ステージを披露した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP