주요 기사 바로가기

【コラム】「日本の議員さん、鬱陵島へどうぞ…」(1)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2011.07.22 10:34
0
日本自民党議員の鬱陵島(ウルルンド)訪問を主導しているのは新藤義孝だ。埼玉県出身4選の彼は、自民党政策調整会長が委員長を務める領土特委の委員長代理資格で4人の鬱陵島訪問団を引率し、独島(ドクト、日本名・竹島)紛争の激しい火の中へと、太平洋戦争当時の神風特攻隊員のように身を投じるというドンキホーテの発想をしている。

彼の体の中には盲目的であり国粋主義的な愛国主義の血が流れる。彼の祖父の栗林忠道大将は硫黄島守備隊司令官で、1945年2月に米軍の伝説的な硫黄島上陸作戦を阻止する玉砕作戦を指揮して死んだ。この戦闘で日本軍兵力2万933人の96%にあたる2万129人が戦死した。栗林はクリント・イーストウッドが2007年に制作してアカデミー賞候補作になった映画「硫黄島からの手紙」の実際のモデルだ。新藤義孝は鬱陵島「上陸」を通して、彼の英雄である祖父の敗北で終わった硫黄島戦闘を、とんでもないところでの戦に勝って補償しようとしているようだ。

新藤の理想的な政府側パートナーは松本剛明外相だ。朝鮮併呑合併の元凶である伊藤博文の玄孫の松本は、大韓航空が独島(ドクト、日本名・竹島)上空をデモフライトしたのに難癖をつけ、外務省職員に1カ月間、大韓航空搭乗禁止令を出した。政府が取るすべての措置の外交的な波紋を考慮し、善隣外交で日本の新しい進路を見いだす‘日本復活’の先頭に立つべき日本外相のこうした指示は、日本のためには非生産的であり、韓国に対しては外交的な足蹴り、北東アジアに対しては安定破壊行為だ。日本総督府があった南山(ナムサン)に伊藤を暗殺した安重根(アン・ジュングン)義士の銅像を置いたことにまで口出しする松本に、正しい歴史認識を土台にした理性的な外交を期待するのは、最初から木に登る魚を釣るという‘縁木求魚’なのかもしれない。
【コラム】「日本の議員さん、鬱陵島へどうぞ…」(2)


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP