주요 기사 바로가기

“少女時代”を育てたイ・スマン、「K-POPの次はミュージカル韓流」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2011.07.20 11:59
0
SMエンターテインメントのイ・スマンプロデューサーは、「これからはミュージカルがK-POPとともに韓流をリードし、近い将来世界市場を相手にするSMタウンライブコンサートのようなミュージカルを披露する」と話した。彼は、「準備中のミュージカルは“スター誕生”についてのストーリーだが、アバの歌で作られたミュージカル『マンマミーア』のようにSMのヒット曲で構成した“ジュークボックスミュージカル”になるだろう」と付け加えた。彼は10日からカザフスタン・アルマトイで開かれたSMグローバルオーディションで中央SUNDAYと単独インタビューした。

彼は「『韓流』という単語をメディアに初めて登場させたH.O.T.の北京公演は2000年2月、BoAが日本に進出したのは2001年だったが、彼らの歌とダンスが好きだった10~20代の観客がいまはミュージカルを見ることができる文化消費層に浮上した。新しいミュージカルは当時の思い出と最近のトレンドをともに見せる舞台になるだろう」と話した。また、「外国公演ではその国の俳優と歌手で出演陣を構成し、メードイン(made in)でなくメードバイ(made by)コリア時代を開く」と強調した。

ジュークボックスミュージカルは韓国でも公演界の重要な軸となっている。70~80年代の情緒を入れた「ダルゴナ」「若さの行進」「本当に本当に好き」と、故イ・ヨンフンの歌で飾った「光化門(クァンファムン)恋歌」などが代表的だ。14日からCOEXアーティウムでは東方神起、少女時代、god、KARAなどK-POPを主導するアイドルグループのヒット曲を集めた「オオカミの誘惑」が始まった。このためH.O.T.、S.E.S.、神話(シンファ)、フライトゥザスカイ、BoA、東方神起、スーパージュニア、スーパージュニアM、少女時代、SHINee、f(x)など多くのアイドルスターを輩出したSMがどのようなミュージカルを披露するのか注目される。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    “少女時代”を育てたイ・スマン、「K-POPの次はミュージカル韓流」

    2011.07.20 11:59
    뉴스 메뉴 보기
    SMエンターテインメントのプロデューサー、イ・スマン氏。
    TOP