주요 기사 바로가기

【社説】中国総参謀長の外交的非礼波紋

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2011.07.16 11:58
0
中国訪問中の韓国国防部長官に対して中国人民解放軍の陳炳徳総参謀長が述べた言葉が外交的な波紋を起こしている。陳炳徳総参謀長は一昨日、金寛鎮(キム・グァンジン)長官と会った席で、10分間ほど米国に対する猛非難を続けた。客を呼んでおいて客の友人を非難する格好で、外交的にありえない非礼だ。

陳総参謀長は金長官に対し「米国は他国にあれこれと言いながら他国の意見は聞かない」と米国を批判した。取材陣が見ているにもかかわらず、「米国は常に覇権主義に該当する行動や表現をする覇権主義の象徴」と糾弾した。米国の同盟国である韓国の立場を配慮したとすれば、公開の席で韓国の国防長官に遠慮なく話せる言葉ではない。しかも韓国の合同参謀議長に該当する総参謀長は国防長官よりも格が低い。傲慢さが感じられる。

陳総参謀長は「米国の人たちと討議する時はいろいろと難しさを感じる」とし「米国と同盟の韓国もそういう感じを受けるはず」という発言もした。あたかも韓国が米国の属国のような印象を与え、韓国と米国を切り離そうというにおいまで漂う。客の面前で客の友人を批判する自分の発言が、むしろ中国との対話を難しくするという事実を知らないのだろうか。米国に対して言う言葉があれば、米国に堂々と話せばよい。前日まで中国を訪問したマレン米統合参謀本部議長には何も言わず、韓国に米国に対する不満をぶつけるとはあきれてしまう。韓国を軽視し、懐柔しようという意図ではないのか疑わしい。

陳総参謀長の発言に対し、金寛鎮は穏やかながらも断固たる対応をし、全体的に会談の雰囲気はよかった、というのが国防部の説明だ。北朝鮮の挑発を抑制し、北朝鮮の核問題を解決するためには、中国の支援が絶対的に必要だ。しかも北朝鮮と中国は血盟で、数日前には軍事同盟条約の「朝中友好条約」50周年を記念した。韓国の立場では中国への対応が慎重になるしかない。そうだとしても常識と規範から外れた言動に対しては断固たる対応をしなければならない。立場が難しいからといって消極的な姿勢を見せるべきではない。消極的になるほど軽視されるだけだ。

金長官は昨日、梁光烈中国国防相との会談で「高官級戦略会談」の定例化など意味のある合意を引き出したと、国防部は明らかにしている。天安(チョンアン)艦と延坪島(ヨンピョンド)事態で疎遠になった韓中関係を後に回して、両国が軍事分野でも戦略的協力パートナー関係の枠組みを用意したということだ。しかし韓国を対等なパートナーと認める中国の成熟した態度が前提にならなければ、空しい言葉の羅列に終わる公算が大きい。残念ながら、中国が国際社会の尊敬を受ける大国になるにはまだ前途が長い。本当に米国と肩を並べる大国になるのなら、中国は地位にふさわしい基本的な礼儀から身につけることを望む。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP