주요 기사 바로가기

韓国の半導体メーカーと東芝が次世代MRAMを共同開発

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2011.07.14 08:24
0
ハイニックス半導体が東芝と次世代メモリー共同開発に乗り出す。両社は「STT-MRAM」に対する共同開発のほか、別途の合弁会社を設立して生産までする契約をしたと13日に明らかにした。DRAMメモリー業界2位のハイニックスが売却を控えNANDフラッシュメモリー2位の東芝と電撃的に手を組んだ。

MRAMは超高速・低電力で作動し、電力供給がなくてもデータを維持する非揮発性の長所と安定性などを備えた次世代核心メモリーだ。

両社は技術的長所と資源を最大限に活用し開発リスクを減らす一方、MRAMの商用化時期を操り上げることができると期待している。また、MRAM開発と生産のための投資額を均等分担することにより投資リスクを縮小し、スケールメリットを前面に出して効率性を高められるとみている。これとともにハイニックスは東芝と従来の半導体特許の相互ライセンスと製品の長期供給契約を延長することにより両社間の特許紛争にともなう事業の不確実性を緩和した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP