주요 기사 바로가기

実力・英語・マナー“ワールドスペック”…「韓国がLPGAを支配する」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2011.07.13 17:03
0
韓国女子ゴルファーが1、2位を占めた。 12日未明(日本時間)、米コロラド州コロラドスプリングズのザ・ブロードムアGCで終わった全米女子オープンで、柳簫然(ユ・ソヨン)が優勝し、徐希炅(ソ・ヒギョン)が準優勝した。 全米オープンはその名の通り、米国タイトルがかかった大会だ。 女子ゴルフ大会のうち伝統・権威・賞金などすべての面で最高だ。 現地中継解説者らは「韓国は世界ランキング100位以内に35人もいて、今大会にも36人が参加した」とし「LPGAツアーを強く支配している」と評価した。

韓国選手がLPGAツアーで活躍するのは、いまや特別なニュースではない。 しかし今回は雰囲気が少し違う。 柳簫然は優勝の感想を英語ですらすらと語った。 英語を話せない韓国選手のためにツアーがつぶれるという非難を聞いたのはすでに過去の話だ。 両選手はいわゆる‘ワールドスペック’だ。 幼いころから世界最高を目指して勉強し、グローバルスタンダードに基づいた行動をし、十分な競争力を身につけている。 彼女たちはフィールドに現れたニュー(NEW)パク・セリ・キッズだ。

柳簫然は父が建設業をする裕福な家庭で育った。 幼いころから英語を習った。 事業がうまくいかず家庭事情が厳しくなったが、柳簫然はデウォン外国語高校を卒業し、延世(ヨンセ)大(体育教育科)に通っている。 体育特技生だが、学業に多くの時間を費やしている。

徐煕卿も盆唐(プンダン)で大きなスーパーを経営する豊かな家庭で育った。 小学生時代に米国に留学し、国際的な感覚を身につけ、ファッションセンスもよい。 昨年LPGAツアーKIAクラシックで優勝した際、流暢な英語と優れたマナーで現地メディアから好評を受けた。

13年前、彼女たちの偶像だったパク・セリが全米女子オープンを制した時、韓国は経済危機を迎えていた。 ソックスを脱いで池でショットをし、優勝をつかんだパク・セリは、涙を流した。 苦労の末に手にした涙のトロフィーだった。

パク・セリの優勝から13年が過ぎた。 韓国選手は質と量でLPGAツアーを主導している。 今はもうゴルフのグローバルスタンダードを主導する地位にまで上がっている。 大企業の強力な支援を受ける韓国の若い選手は、競技力だけでなく、ファッション、マナーまでも世界最高レベルを誇る。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP