주요 기사 바로가기

<高層ビルで謎の揺れ>スポーツジム+4D映画のため? 諮問団の意見は…(2)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2011.07.13 14:59
0
◇トランスフォーマーの変身?=もう一つの主犯(?)に挙がった4D映画館。 この映画館は揺れが発生した事務棟とは構造上分離されている販売棟にある。 しかし諮問団は椅子が揺れて共振現象が発生した可能性があると診断した。

イ・インヨン諮問委員(ソウル市建築委員)は「4D映画館は規模が小さいが、振動はかなり大きい」とし「こうした小さな振動でも共振が発生すれば橋や建物が崩れることもある」と話した。 イ委員は「鉄骨はよく揺れるが折れない」とし「振動に脆弱ではあるが、安全に大きな問題はない」と述べた。

こうした診断も反論を呼んでいる。映画館の関係者は「4D映画(トランスフォーマー)は10時40分に上映開始だったため、揺れがあった時間とは異なる」とし「映画上映中にポップコーンを持っていてもこぼれないほど。 用途変更もしていないのになぜ原因に挙げられるのか分からない」と話した。

漢陽大のチェ・チャンンシク教授(建築科)は「振動時間と映画上映時間に差がある。 したがって4D映画館は原因と考えにくい」とし「新しく導入した大型冷暖房設備などが原因である可能性もある」と話した。 建国(コングク)大のキム・ハンス教授は「販売棟の4D映画館の共振が事務棟の高層に伝わった可能性は少ない」と述べた。

◇結論はいつ?=結局、39階建て巨大ビルの揺れがなぜ発生したのかは今もミステリーだ。 諮問委員の間でも揺れの原因をスポーツジムや4D映画館と発表することをめぐり、意見の隔たりがあったという。 イ・ワンヨン諮問委員は「ビルが揺れたとすれば、ガラス窓が割れ、天井のタイルなどが落ちたはずだが、こうした徴候がないので危険はないと判断した」と述べた。 イ委員は「4D映画館やスポーツジムの振動が原因という点は各委員の間で考えが違った」とし「この2つが原因でない可能性はかなり高い」と話した。

一方、この建物設計に参加した建築構造技術士Aは12日、あるメディアとのインタビューで、「風のために揺れた可能性が高い」と語った。 しかし諮問委員の中には風を原因とみる人はいなかった。 広津区庁も「気象庁の資料によると、この日ビル周辺の風速は1.0-2.0メートルの微風だったため、風はそれほど考えていない」と話した。

しかしキム・ヨンムン全北大教授(建築学)は「気象庁の資料は観測所の位置の数値であり、このビルの高さだと最大風速は20メートルほどあったはずだ」と話した。 キム教授は「テクノマートは飛行機の翼のように長細いビルなので、ビルの角に強いうず巻き状の風が発生すれば最大風速が2-3倍になり、建物を揺らした可能性もある」と語った。

点検班はビルに設置した9個の振動計測器データに基づき、4D映画館とスポーツジムの集団運動の影響を調べる計画だ。
<高層ビルで謎の揺れ>スポーツ垃ム+4D映画のため? 諮問団の意見は…(1)


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP